PAF通信 7号 写実期
JUGEMテーマ:アート・デザイン

写実期

[概念くずし]の続きです。ここで概念とは、思い込み、記号化、カタログ化と云う言葉に置き変えられるかも知れません。幼児期を過ぎたこどもの成長に重要なことを、もう一つお話して置きます。

こどもの発達段階において、その子の心にフィットするものから、少しずつ受け入れていくとお話しましたが、これは、人に関しても同じことが言えるようです。その子が、様々な人に出会える生活環境に居れば問題ないのですが、両親や学校の先生くらいしか知らなくて、一人っ子であれば、人に接する機会を意識的に作って上げた方がいいようです。 僕の話で僭越ですが、PAF絵画教室は、20年前までビジネス旅館でした。常時、お客さんが居る環境で育った家のこども達は、人見知りの経験がないまま成長しました。  戦後、高度成長と共に核家族化が進み、両親とこどもの家庭が一般的になり、お祖父ちゃんやお祖母ちゃんには、一年に一度か二度くらい会いに行くと云う具合に、こどもにとっては色んなことを経験する機会が少なくなった訳です。つまり、自分より強い人や弱い人の存在は、その子がいま持ち合わせている概念の修正と拡大を図る[概念くずし]の恰好の機会なのです。強い人に対しては、頑張りや憧れの気持ちを、弱い人には、優しさや労りの心を養うのです。

このように、概念の拡大が一段落する7,8才を過ぎると、それまでに手に入れた概念の一つ一つをリアルに探求する写実期に向かうのです。参考までにお話すると、まだ従来の概念の中に居る子と新しい概念に向かってる子を見極める方法は、目の前にチューリップを置いて、描かせると解ります。従来の概念の中に居る子は、チューリップを隠しても気付かないのですが、新しい概念に向かっている子は、もう一度確認する為に隠されたチューリップを探すのです。このようにお話すると写実期を迎えないと大人に成れないと言ってるようですが、実際は、大半の人が写実期を迎えないまま大人に成っているようです。それはつまり、写実だけが、絵画ではなくて、写実は、絵画の中の一つの方法だと云うことなのです。

感性のこと

No.5でピカソのお話をしましたが、ピカソの父親も画家だったようです。でも、13才のピカソのデッサンを見て二度と筆を握らなかったそうです。それほどのテクニックを手に入れたのですが、写実は表現の中の一つの方法でしかないことに気付いて、新しい感性を求めて、様々な表現に挑戦した人です。

作品を見るとき一番感動するのは、その作者の心の揺らぎが伝わって来るときだと思うのです。だから、こどもの絵もピカソの絵も、同じ目線で見れるのではないでしょうか。つまり、こどもの絵が感動を与えるのは、描きたいと云う気持ちが、他のすべてを上回っているからだと思います。手に入れた最小の物真似で、でも大半が自己流です。すなわち、感性の塊なんです。天才なんです。

凄い写実も驚きではあるのですが、ただそれだけのような気もします。でも、写実の扉を開くと、それはそれで、面白い世界でもあります。  (次号は写実期兇陵縦蠅任后)

写実期

兼定興産は、廃消火剤の肥料化を実用化しました。廃消火粉剤を有償で購入します。消火器処分、廃棄消火器、廃消火剤が有る方はご連絡下さい。
兼定興産のホームページ 
http://urban-green.jp/ も覗いて下さい。「屋上緑化土、屋上緑化」が満載です。
| けんおじ | 誰でちゃピカソ | 20:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
PAF通信 6号 天才ちゃん
JUGEMテーマ:アート・デザイン

 天才ちゃん検Τ鞠阿ずし
 描き始める3才、4才頃は、自分の腕の動きが作る描画活動に熱中する段階から、伝達の意味を持つ表現活動に進化していくと云えます。この頃は、同じものを何度も繰り返し描きます。つまり、それは、表現したものを、イメージしたものに近づける為の、認識作業と云えるかも知れません。しかし、この時期は、まだイメージしたものを描くのではなく、描きたい衝動の方が先にあって、後付するようにイメージが付いて来るようです。
 でも、イメージすると云うことは、記憶の組み合わせが、始まっている訳で、タイヨウ=ヒマワリ=ライオンと云う具合に形態や言葉遊びのように連動していくのです。しかし、脳の中では、言語に置き換えるように、限定的なものではなくて、イメージしたものの周りを漠然としたものが、素早く補完するように働いているのです。
 このようにお話しすると、こどもの生活環境は、とても重要なことになってくる訳ですが、慌てることはありません。こどもには、身体の成長と同じように、そのイメージを受け入れられる発達段階があるのです。つまり、身体にフィットする服が似合うように、心にもフィットするもの、興味があるものから、少しずつ受け入れていくのです。
 こどもにとって生活の中での経験は、とても重要ですが、詰め込みはいけません。先ほども云ったように、発達段階に合わせて、自主性を尊重しながら、ゆっくりとゆっくりとなんです。
 以前にもお話したように、形態として一番最初に手に入れるのは、円形ですが、その最も大きな要因は、腕の動きによるものです。つまり、描き易いものから認識されていくのですが、円から始まって、マンダラに類似する様々なものを手に入れていきます。
 このように、3才から5才の頃に手に入れた描画の概念は、その子の成長の証なんです。生活の経験から習得するものは、こどもによって様々ですが、5才の頃に造形の基本が出来上がると、概念化も一段落し、6才の頃には、描画活動の停滞化が、見受けられるようになります。つまり、3,4,5才の空っぽのお腹が概念で一杯に成ったのです。{空は青色、木の幹はちゃ色、葉っぱは緑色、水は水色}と云うように、その時、心に響く感動が無くても何でも描けるようになったのです。
 この停滞期に刺激を与えるのが、[概念くずし]と云う方法です。これは、成長で勝ち取ってきた概念を否定するのではなく、例えば、葉っぱが紅葉した頃に、「木の葉は緑かな?」と問い掛けて、こどもが思い込んでいるものにもう一つ答えがあることに気付かせることです。5,6才になると、旺盛な自立心により自尊心も芽生えています。だから頭ごなしの忠告ではなく、「それでいいのかな?」と問い掛けてみるのです。こどもの描画活動の成長で、困難な時期が二回あるのですが、この概念くずしが必要な6、7才の頃と、こどもの絵から大人の絵に向かう写実期の10,11才の頃です。これを巧く乗り切ると、発達の階段を順調に上って行くことになるのです。
天才ちゃん
| けんおじ | 誰でちゃピカソ | 17:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
焼酎「白岳」が足らん!!!
JUGEMテーマ:アート・デザイン

熊日アート展公募まであと1.5ヶ月になりました。
そろそろ作品を作らないと間に合いません。
ここ5年以上の集大成(=酔っぱらいの成果)として、焼酎「白岳」の紙容器を使ったミニマムアートを作ろうとしています。
5年以上掛けて空箱もかなり集めました。
・・・そこで、取りあえず箱を並べて数を数えます。60個以上の空箱がありますが、・・・想像している作品のイメージとは違い、全然数が足りません。
あちゃ〜!まだ飲み足りん!!!
白岳が足らない!

 兼定興産は、廃消火剤の肥料化を実用化しました。廃消火粉剤を有償で購入します。消火器処分、廃棄消火器、廃消火剤が有る方はご連絡下さい。
兼定興産のホームページ 
http://urban-green.jp/ も覗いて下さい。「屋上緑化土、屋上緑化」が満載です。
| けんおじ | 誰でちゃピカソ | 16:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
復活の日?
JUGEMテーマ:アート・デザイン

やっと少し涼しくなりはじめました。スポーツの秋、芸術の秋が近づいてきています。
先日けんおじ宛に、熊本日々新聞から「ビエンナーレKUMAMOTO FINAL」の案内状が来ました。
FINALと題がついているので、多分今年で最後だと思います。
ぅ〜ん!久しぶりに作品を作成して応募してみようと言う気になってきました。
とは言っても、ここ数年アート製作からは、ご無沙汰しています。
取りあえず、PAFアート教室へ行き、「このような作品を作ろうと思う。」と教室の先生に伝えます。
作品の概略は、ここ数年飲み明かした焼酎パックを使った物にする予定です。
乞う!ご期待!かな?
paf教室


兼定興産は、廃消火剤の肥料化を実用化しました。廃消火粉剤を有償で購入します。消火器処分、廃棄消火器、廃消火剤が有る方はご連絡下さい。

兼定興産のホームページ 
http://urban-green.jp/ も覗いて下さい。「屋上緑化土、屋上緑化」が満載です。

 
| けんおじ | 誰でちゃピカソ | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
PAF「ビタミンアート2010」が開催中です。
アート集団PAFの定例展示会が開催されています。
最近ご無沙汰のけんおじも、昔の作品(立体)を引っぱり出して展示しています。
明日最終日は、ワークショップでのミニコンサートもあります。
石橋美術館へご来場ください。
PAFワークショップ
| けんおじ | 誰でちゃピカソ | 08:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
PAF通信5号(2009年5月24日)
美術館の効用・ZUKUBOOの目

前回、美術館によく行くママであって欲しいと云う希望を書きましたが、宝石や骨董品を見るように、漫然と鑑賞してもいいのですが、美術作品にはもっと深い訳ありの物が沢山あります。著名な作家の作品は、本やインターネットで調べることが出来ますが、美術館に行って、目の前の作品が気になったら、そこの学芸員に尋ねると、丁寧に解説してくれるはずです。
 そうは言っても、絵画教室をやっている立場からも鑑賞のヒントをお話してみましょう。僕は、文学や哲学の勉強をした者ではないので、ヴィジュアル(視覚)、絵描きの見方でお話をしていこうと思います。(厳密に言えば、哲学の絡み抜きには語れないのかも知れないのですが。)でも、混乱しないように、いろんなものを絡めないでお話します。

 僕は、作品を見るときまず、印象派以前か、印象派以降かと云う見方をします。19世紀になると美術は、産業革命の写真技術や印刷技術等の発達の影響を受けて革命的に変貌します。美術の流れを見ると宗教や王侯貴族絡みで発展してきたものが、個人の手に解放されたことが二つ目の変貌の理由でしょう。僕は、印象派の代表者はモネと思っています。モネの絵を見ると、色彩や巧みな筆のタッチから表現の揺らぎを感じます。でも、当時の人達には、中途の下描きのように見えたようです。つまり、表現の揺らぎを殺して、もっとコテコテの写実の方に向うのが当たり前だったようです。モネの時代になると、キャンバスも普及し、チューブ入りの絵の具も出来て、画家が、イーゼルを立てて戸外でスケッチが出来るようになったのです。つまり、絵が小型化して、画家とパトロンの関係が、画家の絵を個人が買う時代になった訳です。
このことは、美術品が個人の嗜好を受けて益々多様化の方に向かうことになったのです。多様化の極みは、みなさん、よくご存じのピカソです。
PAFピカソ
ピカソの前に、セザンヌ、ゴーギャン、マチスの話をしておきましょう。この3人は、まとめて話せるような人達ではないのですが、共通するのは、キャンバスの矩形の中を等価に見ようと、苦心した画家だと云えると思います。描いたものと、周りを囲む背景を同じ目線で見たために、独特な表現に辿り着きます。セザンヌは、矩形の中の構図に拘った為に水浴の裸婦がジャガイモのようになり、ゴーギャンは、日本の浮世絵の影響で、輪郭による平面化を目指し、マチスは、目の前のモデルよりも周りの壁紙を丹念に描いています。このように、矩形を重要に考える延長上には、抽象絵画が見え隠れしています。
話がややこしくなったので、ピカソの話に戻しましょう。ピカソは若い頃の青の時代の後にキュビスム(立体派)を始めます。これは、児童画の中に多視点描法と云うのがありますが、まさにこれと同じやり方で描く方法で、正面の顔に、横顔を重ねたり、泣いてる横顔に怒ってる正面顔を重ねて描いたので、
あのような独特な表現になったのです。
(これも続きを書きますので、こうご期待。)

兼定興産は、廃消火剤の肥料化を実用化しました。廃消火粉剤を有償で購入します。消火器処分、廃棄消火器、廃消火剤が有る方はご連絡下さい。

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化土、屋上緑化」が満載です。

かねさだ商事のホームページもアップしてます。
http://www.fukunet.or.jp/member/kanesada/
も覗いて下さい。











| けんおじ | 誰でちゃピカソ | 14:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
PAF通信4号(2009年4月20日)
家(秘密基地)作り

 僕の子どもの頃は、まだあちこちに不思議な空き地があり、遊び仲間で秘密基地を造ってました。塾に行く子なんていなかったので、みんな日が暮れるまで遊んだものです。
 このお稽古は、実際の空間の縮小版ですが、兼ねてよりやりたいと思っていたものです。今まで、希望する子には、その日のお稽古が終わって、まだ時間があれば、教室にある材料を使って、その子に任せる方法でやっていたもので、全員でやったのは、初めてです。 この工作の{めあて}は、空間認識と材料や道具使いに慣れることです。子どもの空間認識がどのようになされたかは、まだ分かりませんが、空間を作る為には柱や壁や天井がいることや、二階に上がる為には、階段が必要だと云う認識は出来たのではないかと思います。普段より材料や道具使いに積極的な子は、安心だったのですが、消極的な子は、木工ボンドやのこぎり、カッター使いに戸惑っていたようです。でも、怪我した子が出なかったのは、幸いです。作品を見て頂いたら、お分かりだと思いますが、これは、出来過ぎだと見えるところは、ちょっと手伝っていますが、でも、その子のアイディアに沿って作られています。この稽古で以外に思ったのは、ハチャメチャナ秘密基地ではなくて、現実的な空間作りが多かったことです。

かさばる工作物
 先日、K君のお母さんから、「場所を取る工作物は、どうしたらいいでしょうか?」と云う質問がありました。そう云えば、以前Cちゃんが、作品が出来たのになかなか持って帰らないので、訳を聞くと「お母さんが捨てるもん。」と答えたことがありました。
 そうですよね。場所を取るし、邪魔になるし、迷惑ですよね。それでは、PAFの茂子先生のアイディアを教えましょう。まず、処分する工作物について話し合います。制作者が納得したら、工作物を本人に持たせて日付入りの写真を撮ります。その後、制作者がいない時、処分します。ウ〜ン納得!納得!

天才ちゃん掘
 もう既にお子さんが、小学生のお母さん方には、終わったことなので、余り面白くないかも知れませんが、このお話は、小学高学年のところまで続ける予定ですので、もうしばらくお付き合い下さい。
 それでは、イメージの対応について、お話しましょう。ようやく円を描き始めた2〜3才頃は、同じ円が、ママだったり、ニャンニャンだったり、ブーブーだったりします。つまり、イメージが先に在ってそれを描くのではなくて、偶然に描かれたものが、後付として言語化されるのです。だから、結構適当な返事が返って来ます。この時期は、描いたものに名前を付ける言語能力も発達し、おしゃべりになっていきます。この言語能力と表象能力は、お互いを補完するように進んで行くのです。だから、この時期は、子どものおしゃべりや描画活動にじっくり付き合ってあげるのがベストだと思います。ここで、最も興味深いのは、いろんなものと渾然一体の未分化の状態でも、何かを漠然と感じてイメージする能力が始まっているということです。
(次号に続く、こうご期待!)
PAF通信4
| けんおじ | 誰でちゃピカソ | 12:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
PAF通信2009年4月10日号
凧揚げ大会
 凧揚げ大会に参加して頂いた皆さん、お疲れさまでした。今回の凧揚げは、22日が雨だったので29日に延期して行いました。参加出来なかった方は、来年もやりますので、よろしく!
今回の凧は、ライデンのダイヤ凧と云ってオランダの凧です。当たり前のことですが、凧は、風が無いと揚がりません。だから、風の強さや風向きを上手く捉えると、走らなくても、スルスルと揚がって行くのです。
 この凧は、5m位の尾っぽが必要です。切れて短くなったら、新聞紙でもいいですよ。裏返すとボタンがありますが、それを、糸の輪に掛けると、凧に反りが付きます。風が強い時は、凧がクルクル回って不安定になるので、反りの糸を竹ひごに3回くらい絡めると反りがきつくなり凧は安定します。風は、地上が不安定で渦巻いていますが、上空に行けば平均的に吹いているので、早めに糸を長くしましよう。風に任せて糸を緩めて行きます。凧が安定している時は、糸を引いてもいいのですが、不安定になった時は、緩めます。その時凧がちょっと下がりますが、慌てずに糸を操作すれば、上手く揚がって行きます。つまり、凧揚げのコツは、風の具合を読み、凧に受ける風の量を調節すればいいのです。
凧

天才君供
 いろんな事が、初めての経験である幼児にとっての生活環境は、その子の一生を決定づけるものと云えるかも知れません。でも、慌てることはありません。子どもの環境を全ての物で満たす必要はないのです。その子に一番近い人(ママ)が生活している環境で充分なんです。それは、その子の個性として生かされて来るでしょうし、欠乏感は自立心を育み、工夫する力を養うはずです。でも、絵画教室の先生としての希望は、絵が好きで、美術館によく行くママであって欲しいと云うことです。高価な企画展に行く必要はありません。常設展(美術館の持ち物を展示している)は、安価で良い作品が鑑賞できます。
話がちょっと逸れてきたので、元に戻しましょう。2才頃になると{なぐりがき}が、整理されて円に成るとお話しましたが、それは、人間の腕の動きが持っている身体的な特徴によるものと、点が動いて元に戻ると円に成るという円が持っている造形的な特殊性と、人間が持っている、円に対する興味性によるものと云えます。
 インド発祥の宇宙観を造形化したものに曼陀羅図と云うのがありますが、この時期の子どもが描く、頭足人や太陽や花は、まさしくこの形なのです。そして、ここで手に入れた基本的な図形(円、十字、四角など)を組み合わせて、伝達の意志を持った新しい図形である、人、花、動物へと発展して行くのです。でも、まだ絵を描く意志は無く、描かれたいろいろなものも、それぞれ関係なく羅列されているだけで物語性も無く、画用紙は、平たく置かれた平面で上下もありません。しかし、この時期は、幾度となく繰り返される描画活動により、表象能力が発達し、描いたものとのイメージの対応が始まるのです。
(続きは4号に掲載します。こうご期待!)

兼定興産は、廃消火剤の肥料化を実用化しました。廃消火粉剤を有償で購入します。消火器処分、廃棄消火器、廃消火剤が有る方はご連絡下さい。

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化土、屋上緑化」が満載です。

かねさだ商事のホームページもアップしてます。
http://www.fukunet.or.jp/member/kanesada/
も覗いて下さい。
| けんおじ | 誰でちゃピカソ | 21:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
PAF通信2009年4月1日号
教室の名前は?

 みなさん、一回目のPAF通信如何でしたか。今回のお話も、教室の時間中に聞かれた事に付いてのものです。Sちゃんが、「この教室は、何でプァフて云うと。」と聞いてきました。すると、R君が、「パフという歌があるやん、それから取って付けたっちゃろ。」そこで私が、「そうそう、よくそんな古い歌知っとるね。海に住んどる不思議な龍の歌が好きやけん付けたとよ。」と答えました。
PAFロゴ

 それも本当ですが、実は、上のPAFのマークに有るように、Psychic Art is Freedom のサイキック(魂)のP、アート(芸術)のA、フリーダム(自由)のFの、それぞれの頭文字で創りました。つまり、<魂の芸術は自由だ。>と云うことで、<魂を込めて芸術すれば解放される。>と云う訳です。
 いやーっ、ちょっと堅苦しいですね。でも、本当に云いたいのは、<お絵描きは、楽しいよ。>ということなんです。それを、ちょっと格好付けて、哲学的に云った訳です。
 人は誰でも、絵を描き始める1才半頃から色んなものが、描けるようになる5才頃まで、天才なんです。それは何故かと云うと、描きたいという気持ちが、とても強くて、すべてのものを上まっているから、鑑賞する人の気持ちを圧倒するのです。
頭足人

天才君!
 1才半頃、偶然手にしたクレパス等が作る{なぐりがき}の線が、徐々に整理されて来ると円に成ります。これは、人間だけに与えられた能力です。それは、円の内と外の違いを認識しているということで、円の中に特別な何かを感じている訳で、それに目が描かれると、ママ、パパになるのです。これが始まりで、5才頃まで天才ぶりを発揮するのです。
 先日、Aちゃんのお母さんに、聞かれたことが参考になりそうなので、お話しましょう。
「うちの子は、丸い顔からいきなり手足を描くんですが、大丈夫でしょうか?」
これは、幼児画の特徴で、このような表現を幼児教育では{頭足人}といいます。つまり、この頃の子どもには、まだ、身体の各部の認識が完全ではなく、頭と胴体が一つのものなのです。顔の中の目の下の方に、四角いものを2個描いた子に話を聞いてみると、ポケットを描いたことが判明したことがあります。
首や身体の各パーツの認識が完成するのは、まだまだずっと後なんです。この頃の子どもは、自分を取り巻く環境の中でいろんなものと渾然一体の状態で生きている訳で、自分に一番近い人や物から他者の認識が始まり、それが絵として描かれるのです。つまり、描画活動は認識作業と考えられ、同じようなものが、何度も繰り返し描かれるのは、このためなのです。
(この続きは3号に掲載します。こうご期待!)

兼定興産は、廃消火剤の肥料化を実用化しました。廃消火粉剤を有償で購入します。消火器処分、廃棄消火器、廃消火剤が有る方はご連絡下さい。

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化土、屋上緑化」が満載です。

かねさだ商事のホームページもアップしてます。
http://www.fukunet.or.jp/member/kanesada/
も覗いて下さい。
| けんおじ | 誰でちゃピカソ | 17:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
山内重太郎追悼展
昨日久しぶりにアート教室PAFへ出かけ、そこで山内重太郎さんが亡くなったことを知りました。
山内さんは、アート集団「九州派」の一人で、よくPAFにも来られて銅版の作品を製作されていました。(当時は「鯨」を多く作成されていました。)また久留米一番街でパフォーマンス製作もされていました。
追悼展が今日までと言うことで、早良美術館るうゑへ行き、記帳して作品鑑賞をしました。
地方から一時代を作った九州派のメンバーの一人が亡くなると言うことは、ちょっと寂しい気がします。
山内重太郎

兼定興産は、廃消火剤の肥料化を実用化しました。廃消火粉剤を有償で購入します。消火器処分、廃棄消火器、廃消火剤が有る方はご連絡下さい。

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化土、屋上緑化」が満載です。

かねさだ商事のホームページもアップしてます。
http://www.fukunet.or.jp/member/kanesada/
も覗いて下さい。
| けんおじ | 誰でちゃピカソ | 22:03 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |