南久留米駅周辺も変わりつつあります。
朝起きて、屋上緑化かるいちばんで栽培している香菜を観察するために、会社屋上の屋上菜園に登ります。
ここでは、香菜、日本山人参、ハーブその他を栽培しています。
屋上から外を見るとJR久大線の向こう側に、給食センターの工場が建設中です。ここはもと米の政府倉庫があった場所です。
南久留米周辺は元々工場地帯なのですが、だんだん住宅が増えてきています。ここで工場を構えているのは兼定興産を含めてかなり減ってしまいました。
久方ぶりの?工場進出です。
給食センターが出来始めました。

兼定興産は、廃消火剤の肥料化を実用化しました。廃消火粉剤を有償で購入します。消火器処分、廃棄消火器、廃消火剤が有る方はご連絡下さい。

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化土、屋上緑化」が満載です。

かねさだ商事のホームページもアップしてます。
http://www.fukunet.or.jp/member/kanesada/
も覗いて下さい。
| けんおじ | 快適な工業環境を守ろう! | 10:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
実は、「毒物・劇物取扱者試験」をお受験してました。
ここ一ヶ月ほど、ブログのアップが少なくなっていました。
この影響で、1日アクセス数が、平均900/日だったのが、ガタガタに減ってしまいました。
実は8月7日に、毒物・劇物取扱者試験を受けるため試験前2週間は「お受験勉強」していました。ただそれ以外にも、九州ビジネス協議会での「屋上緑化かるいちばん」のプレゼンやその他通常の仕事が溜まってきており、なかなか試験勉強ができません。試験直前では、ジョイフルでセルフドリンクサービスで4時間ほどねばって勉強でした。

20年ほど前に毒劇物の営業届けを出すときは、大学の履修証明で事足りたのですが、最近は厳しくなり、化学専攻でない者は、試験を合格しないと毒劇物取扱者の資格を有することが出来ません。
そこで30年くらい前の化学参考書(チャート式シリーズ)を引っぱり出してきて、頭の錆落としです。

24日の福岡県のHPに合格者発表が出ており、覗いてみると合格していました。めでたし・めでたしです。

これからはブログのアップに精進しようと思います。

毒物・劇物取扱者

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化」が満載です。

| けんおじ | 快適な工業環境を守ろう! | 18:32 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
宅地販売の不動産やさんが来られました。
兼定興産のある場所は、「工業地域」に属しています。
でも最近では周辺に住宅やマンションがかなり増えてきました。
昨日すぐ近くで住宅用地を販売されてある方が突然お見えになりました。

「住宅地を販売している者ですが、貴社は肥料関係のお仕事なので、騒音等はあまりありませんよね?」と尋ねられました。

私は、「いいえここは工業地域なので、法を順守する範囲で、騒音、振動その他を土日祝日に関係なくおこす可能性はありますよ。しかし、あくまで基準内です。また、弊社は毒劇物の販売免許も持っているので、法の管理の元で毒劇物を販売しています。」とお伝えしました。

我が儘かもしれませんが、快適な工業環境を守ることは大変です。

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化」が満載です。

| けんおじ | 快適な工業環境を守ろう! | 14:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
エコアクション21の準備 9/24
エコアクション21の第1回の講習を受けて、10日が過ぎました。
次回10月13日までに、過去に会社がどの位の環境負荷を与えていたかを調査しておく必要があります。

主に、電気、ガス、上下水道、ガソリン、軽油、灯油の使用量を前年度に遡って把握します。
帳面を調べれば良いのですが、面倒くさいので供給者側へ電話をして尋ねることにしました。
あと、関連法令(大気汚染防止法、水質汚濁防止法、騒音規制法、PRTR法、消防法、・・・)に従って問題点のチェックをしていきます。さらに、「環境方針の作成」もしなければいけません。

この機会に、「兼定興産」と「かねさだ商事」の両法人ともエコアクション21の申請をしようと思っていますので、多少頭がこんがらがります。

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化」が満載です。
| けんおじ | 快適な工業環境を守ろう! | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
台風13号 (サンサン)
昨晩の台風13号は久しぶりの”大ヒット”でした。
今朝起きて、自宅、会社周辺を見て回りました。
近くの住民の方が道ばたに出てあったので、「おはようございます。うちの会社から何か飛んできて、ご迷惑をかけていませんか?」と尋ねます。
「飛んできとるバイ。空フレコンと肥料袋がちょこちょこと飛んどるごたる。」
御免なさい、今から拾ってきます。と言いながら、会社周りをチェックしながら拾い集めました。

その後、会社内のチェックです。
・屋上緑化のベランダセット「かるベラ」に植えていた軟弱野菜が強風に当たってかなり弱っています。
・倉庫のスレートが飛んでいます。
・製品保管用のパレットが散乱しています。
・製品乾燥用のシートが基礎部分からちぎれています。
・外に止めていた軽トラックが少しバックしています。(多分、サイドブレーキの引き方が足りずに、風で動いたと思います。)

後、鳥栖の工場のチェックをしに出かけることにします。
今週は台風通過後の後かたづけにかなりの時間を割きそうです。

スレートの破損

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化」が満載です。

| けんおじ | 快適な工業環境を守ろう! | 08:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
市の建築指導課へいきました。
私の主張は、「1.新たに工場地域に住居を建て、住まわれることには反対はしません。2.私の工場は、工場地域の環境基準を守ります。3.住宅地域なみの環境基準を工業地域に望むことはしないでください。」と言うことです。
先日、市の建築指導課へ行き、建築される方や新たに住まれる方に「工場地域であることの認識を待ってもらうように、市へ建築許可を貰いに来られる人へ伝えてください。」と伝えたところ、「この部署は許可基準にあえば、許可しなければいけないので、そのようなことは出来ません。」との回答でした。
市に頼ることも出来そうにないので、周りの工場関係者へ相談することにしました。

今日は市役所の都市計画課へ行き、どこまでが工業地域であるのかの確認をとり、同様な相談をしました。この部署は私の求める相談についての権限はありませんが、都市計画の地図のコピーをしてもらい、いろんなアドバイスをいただきました。

その後、先日伺った、建設指導課へ行くと若い別の担当者が応対をしてくれ、市の「建設紛争の予防と調整に関する条例」のコピーをくれて概要を説明してくれました。

今から、もらった資料を熟読しようと思います。

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。
| けんおじ | 快適な工業環境を守ろう! | 21:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
マンションがインベーダーしてきます?
私の所属する会社は、いわゆる「都市の線引き」で、工業地域に立地しており、約50年間生産活動をしてきました。
・・・でも、ご多分に漏れず周辺は住宅やマンションが林立し始めました。

もちろん生産活動を行うには、工場地帯での環境基準を守るようにしています。しかし後から引っ越してこられる人は、工場地域に属する場所ということなどお構いなしに、やれ音がうるさい、深夜・早朝・日曜祝日に作業する・臭いがする埃がする・・・等と直接、あるいは市をとうして苦情を言われます。

環境基準を守りながら生産活動を行う工場にとっては、「自分たちは法を守っているのに、どうしてそんなことを言うの?あなた達はここが工場地域の環境基準でることが解って来られたのでしょう?」と言いたくもなります。

これから数回にわたり、「快適な工業環境を守ろう」というタイトルで書いてみたいと思います。

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。
| けんおじ | 快適な工業環境を守ろう! | 21:19 | comments(1) | trackbacks(1) | - | - |