JAくるめ旧国分支所の売却 2
昨日JA久留米(久留米市農業協同組合)旧国分支所の売却予定地へ行ってきました。
下の枚の写真が売却予定地です。
国道3号線に面しており、近くには社会保健所、ハローワーク、税務署、えーるピア、諏訪中学校、等の公共施設が数多くあります。西鉄久留米駅まで徒歩5分です。

以下、2009.08.09 Sundayの私のブログから
久留米市農業協同組合(JAくるめ)旧国分支所の売却
久留米市農業協同組合(JAくるめ)が遊休土地を売却することになりました。私も組合員の一人として、遊休土地が評価以上の高額で、透明性の高い方法で売却されるのであれば大賛成です。
大事な組合員の資産を売却するわけですから、広く一般に知らせる必要があると思います。
ディベロッパー、不動産関係者など興味のある方は是非事前に「購入申込」を提出して下さい。
売却内容は次の通りです。
(添付写真には、組合員各位と書いてありますが、一般の方も問題ないことを本店管理課に電話して確認しました。)
  記
1.売却予定地:久留米市諏訪野町2408番8 他8筆
2.売却予定地(地積):約1,136m2
※購入希望の方は、南部支所に準備しております「購入申込書」を記載後、平成21年8月20日(木)までに南部支所へ提出してください。(期日厳守)
問合せ先:南部支所(秋吉、木戸)Tel 22-1341
     本店管理課(原口、石丸)Tel 34-4124
JAくるめ・国分支所売却1
JAくるめ・国分支所売却2

兼定興産は、廃消火剤の肥料化を実用化しました。
廃消火粉剤を有償で購入します。
廃消火剤が有る方はご連絡下さい。


兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化土、屋上緑化」が満載です。

かねさだ商事のホームページもアップしてます。
http://www.fukunet.or.jp/member/kanesada/
も覗いて下さい。

| けんおじ | 久留米市農協(JAくるめ、久留米市農業協同組合)は面白い! | 08:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
JAくるめ旧国分支所の売却
久留米市農業協同組合(JAくるめ)旧国分支所の売却

久留米市農業協同組合(JAくるめ)が遊休土地を売却することになりました。私も組合員の一人として、遊休土地が評価以上の高額で、透明性の高い方法で売却されるのであれば大賛成です。
大事な組合員の資産を売却するわけですから、広く一般に知らせる必要があると思います。
ディベロッパー、不動産関係者など興味のある方は是非事前に「購入申込」を提出して下さい。
売却内容は次の通りです。
(添付写真には、組合員各位と書いてありますが、一般の方も問題ないことを本店管理課に電話して確認しました。)
  記
1.売却予定地:久留米市諏訪野町2408番8 他8筆
2.売却予定地(地積):約1,136m2
※購入希望の方は、南部支所に準備しております「購入申込書」を記載後、平成21年8月20日(木)までに南部支所へ提出してください。(期日厳守)
問合せ先:南部支所(秋吉、木戸)Tel 22-1341
     本店管理課(原口、石丸)Tel 34-4124

JAくるめ・国分支所売却

兼定興産は、廃消火剤の肥料化を実用化しました。
廃消火粉剤を有償で購入します。
廃消火剤が有る方はご連絡下さい。


兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化土、屋上緑化」が満載です。

かねさだ商事のホームページもアップしてます。
http://www.fukunet.or.jp/member/kanesada/
も覗いて下さい。
| けんおじ | 久留米市農協(JAくるめ、久留米市農業協同組合)は面白い! | 08:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
久留米市農協(JAくるめ、久留米市農業協同組合)は面白い (5)
JAくるめからの納付通知書

JAくるめ(久留米市農協)から訳の分からない納付通知書が来ました?

私は数年前に農業を始め、それに伴って約2年前に久留米市農業協同組合に加入しました。

昨日(11月8日)に農協職員が、久留米市農協(JAくるめ、久留米市農業協同組合)の「親展」と書かれた封筒に次の3通内容の文書を持ってきました。(私は不在でしたので、直接的にはもらっていません。)
1.平成19年度付加金納入通知書
2.平成19年度農政連盟友費納入通知書(文書日付10月19日)
3.平成19年度農総対資金カンパ納入通知書(文書日付10月19日)
以上の3通が久留米市農協の封筒に同封されていました。

1.の付加金納入通知書は、いわば反当割り当ての組合費みたいなものなので当然JAくるめ(久留米市農業協同組合、久留米市農協)へ支払っています。
ただ、2,3の文章の備考欄には、次の文面が書いてあります。
1.経営面積については、今年度付加金データより作成しています。
2.上記金額を平成19年11月30日までに振替させていただきます。
3.ご不明な点がありましたら、JAくるめ各支所までご連絡下さい。
と書いてあります。

。。。あれ〜?何の文章?
私にはさっぱり解りません。
私はまだ組合員になって日が浅いので、当然農政連には加入していません。さらに、農総対資金カンパとは何のことだか解りません。

私はこのことについて、次の問題点があると思います。
A.私は農政連に加入していません。しかし上記1,2の文章により
強制的に通帳から引き落としをする旨の文章です。
B.本来であれば、農協が組合員に対して1政治団体への会費を徴収
することもおかしいと思います。
C.久留米市農協(JAくるめ、久留米市農業協同組合)も農政連支援の
  別団体を組織していると思います。
  しかし今回は農協の親展封筒で農協職員が持ってきています。
  農協と支援団体を混同しています。
D.農協であれ、支援団体であれ、文章2,3についての頭の文章
  (例えば、組合長名や支援団体長名での依頼文章)が添付される
  はずですが、その様な文章は同封されていませんでした。

この様な文章2,3であれば、誰が口座引き落としを指示したのか不明で、責任の所在が不明です。
早速、指導官庁へ相談することにします。

やっぱり久留米市農協(JAくるめ、久留米市農業協同組合)は、面白い。

「久留米市農協は面白い」については、2006年7月21日、2006年10月11日、2006年11月8日、2007年8月15日 にも掲載しています。ご覧下さい。



| けんおじ | 久留米市農協(JAくるめ、久留米市農業協同組合)は面白い! | 22:35 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
久留米市農協(JAくるめ、久留米市農業協同組合)は面白い (4)
午後事務所で仕事をしていると、久留米市農協(JAくるめ、久留米市農業協同組合)の金融課(一般に言う銀行や郵便局のようなものです。)窓口から電話がかかってきました。
窓口の職員さん、
「申し訳ありません、遅くなりましたが通帳紛失の手続きが出来ましたので。ご来店下さい。」
私、
「え、そんな手続きしてましたかね〜?。」と間の抜けた返事をしました。
なんでも2004年10月14日に紛失手続きをしており、今になったとのこと。。。。
私、
「忘れていた私も悪いけど、久留米市農協(JAくるめ、久留米市農業協同組合)もゆっくりしてますね〜。」
と言って、印鑑と免許証を持って手続きに行きました。

ただ今回のことは何だか釈然としません。
今日は2007年8月15日です。申請をしてから約3年が過ぎています。金融機関としてのJAくるめ(久留米市農業協同組合、久留米市農協)は、監督官庁や中央会の監査や内部監査も行っているはずです。多分この間に内部監査も含めて合計5回以上の監査をしているはずです。監査をすり抜けたことも問題ですが、当事者であるJAくるめ(久留米市農業協同組合、久留米市農協)の自己チェック機能がゆるゆるで、なーなーの業務運営がなされているとしか考えられません。
窓口職員の問題ではなく、JAくるめ(久留米市農業協同組合、久留米市農協)の組織や業務運営上の問題なので、担当職員に言っても仕方がないのですが、「他の金融機関はこんな事はないですよ、しっかりと仕事して下さいね。」と担当職員にお願いすると、「きちんと上の方へ伝えておきます。」と言ってくれました。
(※窓口職員の名誉のために付け加えますが、この職員さんを含めた一部の職員さんは非常にしっかりした仕事をしています。問題は組織上にあると私は思います。さらには申請をしていたことを忘れていた私も悪いのかな?)

実際、ここ数年地方銀行が久留米市内の農家への預金獲得や資産運用サービスでかなりの顧客(農家)獲得をしていると聞いていますし、今後は郵便局も農家へ営業活動を強めるはずです。真に信頼される金融運営をすることが組合員のためになり、ライバルの金融機関との競争に勝つ手段だと私は思います。
JAくるめ(久留米市農業協同組合、久留米市農協)にとっては、一般の金融機関の常識的な事がまだ未整備になっているようです。
やっぱり久留米市農協(久留米市農業協同組合、JAくるめ)は面白い。

「久留米市農協は面白い」については、2006年7月21日、
2006年10月11日、2006年11月8日 にも掲載しています。ご覧下さい。

追加:2007年11月9日にも掲載しています。(無断で口座からの引き落とし?)


兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化」が満載です。
| けんおじ | 久留米市農協(JAくるめ、久留米市農業協同組合)は面白い! | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
久留米市農協は面白い??(3)・・・無登録肥料を販売してます♪♪♪
久留米市農協(JAくるめ、久留米市農業協同組合)は面白い?

面白いことに気づきました。肥料でない石灰を久留米市農協(JAくるめ、
久留米市農業協同組合)が販売しています。

久留米市農協(JAくるめ、久留米市農業協同組合)は購買販売事業として、肥料を販売しています。
当然、「肥料」と言うからには、肥料取締法に則り販売しなければいけま
せん。
「肥料」の生産業者は、国や県に肥料登録をして、登録番号をもらい
肥料の袋には、成分や製造メーカー等を記載しないと販売してはいけ
ません。
しかし今回久留米市農協(JAくるめ、久留米市農業協同組合)が農家へ
販売している生石灰(粉)の袋には、肥料登録が記載されていません。

JAくるめ 保証表のない肥料?

当然、肥料としては流通する事のできない商品を、農家へ肥料として販売
していることになります。
久留米市農協(JAくるめ、久留米市農業協同組合)は、組合員である農家へ
どの様な説明をして販売しているのか不思議です。

当然、農産物の流通・トレーサビリティーにも影響してきます。
一般消費者は、まっとうな肥料登録のある肥料を使って栽培されていると
考えますが、農家は「肥料でない石灰」を使用して作物を作ることに
なります。

肥料登録のない肥料を農家へ告知することなく、農協が農家へ石灰を
販売しているのかな〜?
やっぱり、久留米市農協(JAくるめ、久留米市農業協同組合)は面白い。

久留米市農協(JAくるめ、久留米市農業協同組合)は面白いシリーズは、7月21日、10月11日にも掲載しています。ご覧下さい。


| けんおじ | 久留米市農協(JAくるめ、久留米市農業協同組合)は面白い! | 13:42 | comments(1) | trackbacks(2) | - | - |
久留米市農協は面白い??(2)・・・△1億2千万円の大赤字
昨日、JAくるめ(久留米市農協)本所の金融窓口へお金を引き出しに
行きました。
待っている間に、JAくるめ(久留米市農協)のディスクロージャーの
ための冊子「Kurume Report」が置いてあったので、
目を通すことにしました。

内容を読んでみると、比較損益計算書(平成16年度、17年度の
損益計算書)が載っています。
読んでいくと、平成16年度は税引前当期利益は1億3千万円なのに
対して、平成17年度は△1億2千万円の大赤字になってます。
前年との差は2億5千万円の利益の落ち込みです
え〜!めちゃめちゃの大赤字と思いました。

「通常総代会資料」を貰った時の感じでは、こんなに酷くなかったと思い、
戻って総代会資料を開いてみました。
そこには、きちんと平成17年度税引前当期利益は△1億2千万円と
記載されていました。
間違ったことは書いてありませんが、比較損益計算書の形を取らず、
17年度のみを記載してあります。当然前年実績との比較をすることは
できません。

株主である組合員に対してに対して、非常に不親切な決算報告です。
比較損益計算書を添付してあれば、対前年と比べて大幅な利益の落ち込み
が解ります。
しかし、当期のみを添付されてもJAくるめ(久留米市農協)が健全かどうか
を知ることは難しくなります。
ましてや、決算報告書に精通していない組合員に総代会で報告するには
不親切です。外部へディスクローズすることは大事ですが、もっと組合員に
も解りやすく説明する責任があると思います。
やっぱり久留米市農協は面白い。

※2006年7月21日、2006年11月8日にも、「久留米市農協は面白い!!(1)(3)」を掲載しています。

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化」が満載です。
| けんおじ | 久留米市農協(JAくるめ、久留米市農業協同組合)は面白い! | 22:33 | comments(2) | trackbacks(3) | - | - |
久留米市農協は面白い??(1)・・・JAくるめの支所機能再編説明会
19日、20日のアクロス福岡での屋上緑化「かるいちばん」、ベランダ緑化「かるベラ」の展示が終わり、今日は通常業務に戻ります。
とは言っても、屋上緑化の代理店さんが来られたりでばたばたです。
それに、「JAくるめの支所機能再編の支所別の説明会」に参加しなければなりません。

今年の4月にJAくるめの正組合員になったので、農協組織について非常に興味があります。また、実際に仲間と百姓をしているので切実な身近な問題です。
現在まだ久留米市農協は利益を出しているようですが、将来に備えて運営組織を整えておこうと言うことのようです。

組合長等が今後のこととして、JAくるめ内の各支所を統合することを説明します。各組合員にとっては、将来どの様になるのか非常に気になるところですし、また支所の統廃合は各支所組合員同士で思惑も違います。

一通りの説明が終わり、「質問はありませんか?」と言われたので、早速初質問をしました。
私、
農協から組合員への説明会は、非常に重要なことであり、互いの利害が反することもあります。そこで審議事項ではないけれども、議事録作成人や署名人をたてる必要性があるのではありませんか?」
JA、
「説明会なので、議事録作成人はいません。」
と、バッサリ答えられました。
これでは、各支所ごとの説明会で久留米市農協が異なる解答をしたり、組合員が後になって説明を勘違いしていても責任のなすりあいになります。

私はさらに別の質問をしました。
当日配布された、「支所統合の資料」と6月にあった「総代会資料」の平成18年の事業総利益が大幅に違った数値になっています。
事業総利益は「支所統合の資料」では、31.9億円なのが、
「総代会資料」では、32.1億円になっています。恣意的に悪い数値を説明会用に使ったと思われても仕方ありません。
私、
支所統合の資料と総代会資料の事業総利益が違った数値になっています。本来は総代会資料の数値を使うべきではありませんか?」
JA、
「あくまで推定の数値なので問題ありません。」
・・・私は唖然としました。
総代会は、組合の最高議決機関です。その議決で決まった平成18年度の数値を完全に否定することを組合が言っているからです
私、「それでは、どちらの数値を信用すればいいのですか?」
JA、「あくまで推定の数値なので問題ありません。」
と同じ答えをします。
JAくるめは、非常に面白いところだと思いました。

※2006年10月11日、11月8日にも、「久留米市農協は面白い??(2)(3)」を掲載しています。

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化」が満載です。
| けんおじ | 久留米市農協(JAくるめ、久留米市農業協同組合)は面白い! | 20:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |