プロジェクトX「農家に安価な代替リン酸肥料を」 (1)
1月20日21日とアクロス福岡で、廃棄消火剤を利用した再生リン酸肥料のビジネスモデルを発表します。
そこで数回に渡り、リン酸肥料が完成するまでを、プロジェクトX風に報告したいと思います。

マル秘祝マル秘祝マル秘祝マル秘祝マル秘祝マル秘祝マル秘祝マル秘祝

1.
2007年から2008年にかけては、原料燃料の高騰の時であった。
さすがに30年前のオイルショックの時のようにトイレットペーパーの買いだめなどは起こらなかったが、それまでの原油価格が$60位であったのが、2008年1月には$100を越えて、夏頃には$150を越してしまっていた。
更に、将来の食糧確保の観点から、中国等は肥料の主原料であるリン安に120%という高額な輸出関税を掛けてきていた。
エネルギー問題と、食糧問題とは本来は別次元であるが、この時期両方ともシンクロしながら高騰していた。

2.
この時期、兼定興産は既にリン代替肥料原料として自社開発の塩化マグネシウム液(塩マグ液)を製造し、この塩マグ液を使用して出来るMAP(リン酸マグネシウム・アンモニウム)という高級化成肥料を販売していたが、折からのリンの高騰により、次なる回収リン酸肥料の開発に頭を悩ませていた。

兼定興産は、廃消火剤の肥料化を実用化しました。
廃消火器の処理を無償で行います。
廃消火粉剤を有償で購入します。
廃消火器・廃消火剤が有る方はご連絡下さい。


兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化土、屋上緑化」が満載です。

かねさだ商事のホームページもアップしてます。
http://www.fukunet.or.jp/member/kanesada/
も覗いて下さい。
| けんおじ | プロジェクトX「農家に安価なリン酸肥料を・・・消火剤から夢の肥料を」 | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |