イェシャの旅 旅順17
イェシャの旅 旅順17
今回でおしまいです。
翌日飛行機でホイホイと日本に帰りました。
・・・、だけじゃ、しまりませんので、一言私見を。

今回の旅順の旅では、日清・日露戦争・満州国建設に伴う、昔(と、言ってもつい最近のことですが、)の日本人の痕跡を見ることが出来たと思います。
今現在の日本はどうでしょうか?
「日本は世界の中で、どの様にしたら強く輝いて生き残ることが出来るのか?」を日本の政府や国民(私も含めて)は、明確な解を持っていません。持とうとすること自体をしようとしていません。
「友愛」なるほんわかとした言葉や、格好だけの「国家戦略室」を設置することで通じるほど、世界は甘くないと思います。本当に強く輝く国を作るためには、国等の財政を健全化し、国が必要とする者に真の教育を行い、お手盛りの人事院勧告を廃して国家・地方公務員の改革を行い、民間企業が生き生きと活動でき、国家主権を堂々と外国に主張実行し、なおかつ将来へ向けての明確なビジョンが必要だと思います。

数年前に、ある団体の旅行で青島迄行きました。青島は中国の中では非常に綺麗な街です。バスで移動していたのですが、交差点の信号(LEDの信号です。)のLEDの一部分が壊れて点灯していませんでした。団体の仲間がすかさずに言いました。「信号の一部(LEDの数個)が壊れている、やっぱり中国はかなり日本よりも遅れている。」私は呆気にとられました。
そんな微細な部分を見て優越感を持ったら駄目でしょう!中国(政府、国民)は非常に努力していますよ、少なくとも日本人よりも非常に努力していますよ!!
中国は、多分昨年の11月頃にはGDPで日本を抜き去ってしまっています。GDPだけで全てを計ることは出来ませんが、日本(政府、国民)は栄華を過去のこととして、惰眠から目覚めるべきです。
毎週日曜日のNHK「坂の上の雲」を観るのが楽しみです。楽しみであると共に、「今から先の日本は・・・。」と見終わった後に思います。
くよくよしていても始まりません。自分なりにアイデンティティーを保持しながらこの一年を過ごしていきたいと思います。
| けんおじ | イェシャの旅 旅順 | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
イェシャの旅 旅順16
イェシャの旅 旅順16
さすがにイェシャもややお疲れ気味です。バスターミナルで大連行きの列に並ぶことにします。陳さんが気を利かせてくれて、ミネラルウォーターを買ってくれます。謝謝!本当に美味しい水でした。
夕方の7時半に大連に戻りましたが、まだ外は明るく、先ずホテルへ戻りそれから夕食に出かけることにします。
イェシャは何が食べたいですか?と陳さんが尋ねるので、以前沈陽の近くの田舎で食べた満族の羊スープが食べたい、とリクエストをします。
陳さんはちょっと考えて、以前タクシー運転手が美味しいと言っていた食堂に行くことにしました。タクシーに乗りその店へ行く途中、運転手さんが陳さんへ話しかけます。
「日本人は衛生的だから、そんな店に行ったらお腹をこわすかもしれない。もっと別の店が良いのでは、・・」陳さんはとりあえずイェシャに「どうする?」と尋ねますが、イェシャは気にしません。
ただ内心、そげん汚かっちゃろか?と一瞬思いました。
行ってみると、全然問題ありません。美味しいビールと満族料理に満足です。なんっちゃって!
値段も非常に安く本当に大満足でした。
大連駅付近の夕暮れ
満族料理に大満足
兼定興産は、廃消火剤の肥料化を実用化しました。廃消火粉剤を有償で購入します。消火器処分、廃棄消火器、廃消火剤が有る方はご連絡下さい。

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化土、屋上緑化」が満載です。

かねさだ商事のホームページもアップしてます。
http://www.fukunet.or.jp/member/kanesada/
も覗いて下さい。


| けんおじ | イェシャの旅 旅順 | 17:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
イェシャの旅 旅順15
イェシャの旅 旅順15
東鶏冠山まで運んでくれた運転手さんは結構まともで親切でした。
タクシーを降りるときに、「戻られるまで待っていましょうか?」と尋ねられました。ただ今日はあまり質の良い運転手に巡り会っていなかったので、陳さんは「大丈夫です、帰りのタクシーはどうにかして探します。」と言って返します。イェシャはあまり事情が分からないので、陳さんにおんぶにだっこです。
ここからが悲惨の始まりです。この日はやや暑くて、これまでに結構歩いていましたが、さらに約15分かけて緩やかな山道を下り大通りに出ます。大通りに出たのでタクシーが来るのを待ちながら歩いていくことにします。・・・ただ、なかなかタクシーは来ません。「あちゃ!大丈夫かいな?」とイェシャは思いながら、陳さんと歩いていきます。・・・大丈夫ではありません。いつまで経ってもタクシーが来ません。あきらめの気持ちでトボトボと約1時間歩いた頃にやっとタクシーをつかまえました。途中乃木将軍と降伏した旅順塞司令官アナトーリイ・ステッセリとの会見で有名な水師営への入り口が見えましたが、行く気力がありません。会見場所付近は何もなく、何でこんな所で会見したのかな会見したのかな〜?と思いました。この頃の日本軍はまだまだ武士道精神が残っており敗軍の将と言えども乃木将軍はステッセリを丁寧にあつかったとのことです。日露戦争で捕虜になったロシア兵は、日本軍の捕虜の処遇が非常に良かったので、「MATUYAMA(松山の捕虜収容所)」と言って悲壮感は無かったようです。
けんおじの母は、昔旅順に住んでおり、小学生低学年の頃に父(太平洋戦争で南方で戦病死)に連れられて水師営に行ったことがある。と言う話を聞いていましたので、次回旅順に行くときには是非立ち寄ってみたいと思います。
水師営
(写真:Wikipediaより)

兼定興産は、廃消火剤の肥料化を実用化しました。廃消火粉剤を有償で購入します。消火器処分、廃棄消火器、廃消火剤が有る方はご連絡下さい。

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化土、屋上緑化」が満載です。

かねさだ商事のホームページもアップしてます。
http://www.fukunet.or.jp/member/kanesada/
も覗いて下さい。
| けんおじ | イェシャの旅 旅順 | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
イェシャの旅 旅順14
イェシャの旅 旅順14
このタクシーに乗って、ロシア軍のもう一つの要塞だった、東鶏冠山の戦跡を見に行きます。
ここの要塞の方が203高地の要塞よりも頑丈にできているように見えます。
ここは、ロシアの司令官コンドラチェンコ少将が戦死した要塞です。要塞の至る所に被弾した跡があり、要塞の壁も爆発で無くなっているところが多く、大激戦の様子がうかがえます。
日本は旅順、旅順港を征したおかげで、日本連合艦隊は、援護を持たないバルチック艦隊と日本海で優位に戦うことができました。「天気晴朗ナレドモ浪高シ」で有名なT字戦法(ランチェスター:n二乗の法則)で大勝利することになります。

東鶏冠山の要塞1
東鶏冠山の要塞2
東鶏冠山の要塞3

兼定興産は、廃消火剤の肥料化を実用化しました。廃消火粉剤を有償で購入します。消火器処分、廃棄消火器、廃消火剤が有る方はご連絡下さい。

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化土、屋上緑化」が満載です。

かねさだ商事のホームページもアップしてます。
http://www.fukunet.or.jp/member/kanesada/
も覗いて下さい。
| けんおじ | イェシャの旅 旅順 | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
イェシャの旅 旅順13
イェシャの旅 旅順13
203高地山頂から下りるときは、登ったときと別ルートで下ります。
下り坂の各所で戦跡を見ることができます。ロシア軍の塹壕や乃木将軍子、保典が戦死した付近を通って下りていきます。全然関係ありませんが、けんおじの母が金州に住んでいたとき、家の近くに乃木将軍の子息(長男勝典か保典か不明)の墓があったと言っています。
タクシーが待っている場所まで下りてきました。乗ろうか乗るまいかどうしよう?と陳さんと思案して、陳さんは運転手と何やら交渉をしています。少し高かったようなので歩くことにしました。
歩き始めると背後からタクシー運転手が、「金持ちの日本人を歩かせて良いのか?」と大声で言います。少し値段を下げるのかな〜?とイェシャが思っていると、陳さんは決心したように大声で返答しました。「今日の交通費は、日本人が払うのではなく、私が払うことになっているので心配しなくて良いですよ〜。」
昼食の持ち帰りのビニールパックをぶら下げながら、てくてくと203高地を下りて行きます。山から下りたところでタクシーを探すことにしました。そのうちやっとタクシーを拾いました。
203高地の塹壕
203高地の機関銃
203高地、乃木保典の戦死

兼定興産は、廃消火剤の肥料化を実用化しました。廃消火粉剤を有償で購入します。消火器処分、廃棄消火器、廃消火剤が有る方はご連絡下さい。

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化土、屋上緑化」が満載です。

かねさだ商事のホームページもアップしてます。
http://www.fukunet.or.jp/member/kanesada/
も覗いて下さい。
| けんおじ | イェシャの旅 旅順 | 09:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
イェシャの旅 旅順12
イェシャの旅 旅順12
ここの忠霊塔の周りを一周して旅順港とロシア要塞の203高地との配置を理解した上で、いよいよ203高地へ行くことにします。たまたまタクシーが止まっていたので、このタクシーに乗りました。
途中203景という標識があり、山へ登っていきます。
頂上へ着くと、「爾霊山=203」と書かれた忠霊塔があります。ウィキペディアによると、文化大革命の時に、ちょうどアルカイダにより、顔を削られた石仏をダイナマイトで爆破されたように、忠霊塔の先端部を破壊されたそうですが、今ではきちんと修復されていました。
たぶん観光資源として日本人を受け入れるに当たり、「文革で壊した」と言うのは格好悪かったのかな〜?
頂上の案内文では、中国語、英語、日本語で中国見解の文書で203高地を紹介しています。「日本軍国主義が外国を侵略した犯罪の証拠と恥辱柱となっている。」と書かれていました。
この辺でもロシア人がうろうろしています。
203景の標識
203高地の忠霊塔
中国見解による203高地の説明文

兼定興産は、廃消火剤の肥料化を実用化しました。廃消火粉剤を有償で購入します。消火器処分、廃棄消火器、廃消火剤が有る方はご連絡下さい。

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化土、屋上緑化」が満載です。

かねさだ商事のホームページもアップしてます。
http://www.fukunet.or.jp/member/kanesada/
も覗いて下さい。
| けんおじ | イェシャの旅 旅順 | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
イェシャの旅 旅順11
イェシャの旅 旅順11
昼食は量が多すぎたので、容器に詰めて持って出ることにします。
レストランを出てすぐにタクシーを拾いました。運転手は40歳を過ぎたおばさんです。ほ〜!中国でも女性のタクシードライバーがいるじゃん!と感心していましたが、このおばちゃんの気の強いこと。まず運転が荒い、クラクションを鳴らして窓越しに相手のドライバーに文句を言う。・・・
とにかく先ず、旅巡港を一望するために、203高地に近い小高い山にある忠霊塔へタクシーで登ります。上り坂でおばちゃん運転手が、なんだか陳さんに交渉しています。
タクシーを降りて陳さんに聞くと、「上り坂なので燃料を多く使うので、タクシー料金を多く出せ。」と言ったようです。陳さんは交渉していましたが、結局相手の言うとおりに支払いました。
イェシャは陳さんに、「相手がその様に言うのであれば、帰りは下り坂なので、燃料費は要らないはずだ。」と言ったら良かったのに、と言いました。人の良い陳さんは、確かにイェシャの言うとおりだと後で思ったと教えてくれます。
通常、この場所にはタクシー待ちはあまり居ません。本来であればタクシーを待たせて帰りも乗るべきなのですが、おばちゃん運転手が悪かったので、タクシーを待たせることはしません。
イェシャは忠霊塔近くの一番高いところまで行きます。この場所は旅順港を一望できます。「杉野はいずこ、・・・」で有名な港です。日露戦争の時にロシア海軍を旅順港から出港できないようにするために船を沈めて妨害した場所です。「虎の尻尾(砂州)」もくっきりとよく見えます。
忠霊塔
旅順港を望む

兼定興産は、廃消火剤の肥料化を実用化しました。廃消火粉剤を有償で購入します。消火器処分、廃棄消火器、廃消火剤が有る方はご連絡下さい。

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化土、屋上緑化」が満載です。

かねさだ商事のホームページもアップしてます。
http://www.fukunet.or.jp/member/kanesada/
も覗いて下さい。

| けんおじ | イェシャの旅 旅順 | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
イェシャの旅 旅順10
イェシャの旅 旅順10
旅順に入ると小さな軍艦(警備艇?)が係留されているのが見えますが、たいして戦闘能力がある船には見えません。おそらく旅順を外国人に解放するに当たり、最新式の船はどこかよそに係留するようになったと思いました。しばらくすると旅順の街に入りますが、こざっぱりして大きな産業がある街ではないようです。これも軍港だからなのかな?
陳さんが以前入ったことのある海鮮料理屋さんで昼食を戴くことにしました。
小さな駆逐艦?

兼定興産は、廃消火剤の肥料化を実用化しました。廃消火粉剤を有償で購入します。消火器処分、廃棄消火器、廃消火剤が有る方はご連絡下さい。

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化土、屋上緑化」が満載です。

かねさだ商事のホームページもアップしてます。
http://www.fukunet.or.jp/member/kanesada/
も覗いて下さい。
| けんおじ | イェシャの旅 旅順 | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
イェシャの旅 旅順9
イェシャの旅 旅順9
大連市街から旅順へいく途中(大連市街の端っこでは)、路面電車や大きな総合病院、その他、・・・といろいろな施設があります。その中で、アニメ制作で仕事をしている会社が連なっている場所がありました。ビルの壁にはいろんなアニメの飾り付けがあります。中にはドナルドダック?みたいなオブジェもありました。ぅ〜ん!すごい!
ガンダムもどき
ドナルドダックもどき

兼定興産は、廃消火剤の肥料化を実用化しました。廃消火粉剤を有償で購入します。消火器処分、廃棄消火器、廃消火剤が有る方はご連絡下さい。

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化土、屋上緑化」が満載です。

かねさだ商事のホームページもアップしてます。
http://www.fukunet.or.jp/member/kanesada/
も覗いて下さい
| けんおじ | イェシャの旅 旅順 | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
イェシャの旅 旅順8
イェシャの旅 旅順8
さぁーいよいよメインイベント、旅順探訪です。
陳さんが同行してくれますので、鬼に金棒です。普通であればタクシーで行っても良いのですが、長距離バスで行くことにします。
歩いて大連駅まで行き、更に港側まで歩きます。そこでバスに乗り込む予定です。ただ日本と違ってバス停の看板などは有りません。陳さんもこの付近にバスが止まることは知っていますが、どこにバスが止まるのか判りません。いろんな人に尋ねて歩き回りやっと旅順行きのバス停へ着きます。やれやれと並んでいると、キップを買うことを忘れています。陳さんは私を置いて、キップを買いに行きます。ただ並んでいてもなかなかバスが来ません。陳さんがニッコリしながら棒キャンデーをくれました。日本のキャンデーよりも硬くてけっこう長時間かけて口の中で溶けてくれました。
中国人は、列を作らずに割り込む習慣があると聞いていましたが、皆さん秩序よくきれいに並んで辛抱強くバスを待ちます。
旅順行きのバス

兼定興産は、廃消火剤の肥料化を実用化しました。廃消火粉剤を有償で購入します。消火器処分、廃棄消火器、廃消火剤が有る方はご連絡下さい。

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化土、屋上緑化」が満載です。

かねさだ商事のホームページもアップしてます。
http://www.fukunet.or.jp/member/kanesada/
も覗いて下さい。

| けんおじ | イェシャの旅 旅順 | 20:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |