春節前の大連・沈陽の旅2010 (23)
春節前の大連・沈陽の旅2010 (23)
大連・沈陽環境ミッションの最終日です。午前中に遼寧省「日本省エネ・環境新技術常設展」を視察して沈陽の飛行場から福岡へ帰ることになります。
この「日本省エネ・環境新技術常設展」は、建物全体を日本の環境関連企業へ無償提供してパネル展示等を行っています。K-RIPもパネル展示をしていました。ただ土曜日は休館なのを無理して開けてもらったので、暖房は入っていませんし、トイレの水も凍っています。チャップイ、チャップイです。
外に出て休憩していると、沈陽市街の朝の散歩で気になっていた電動バイクが止まっていました。
何にでも興味を示すけんおじは早速近寄ってバイクの観察です。
「ふむふむ!スプロケット(歯車)は付いているけど、チェーンが付いとらん!」
どうやら後輪がモーターになっており、ダイレクト・ドライブのバイクです。このようなバイクが街中にうようよ稼働しています。恐るべし!中国です。
見学を終え、沈陽の飛行場へ着きました。
日本省エネ・環境新技術常設展
電動バイク

・・・けんおじは、十数年前に日本の将来を悲観して毎月少額を円からドルに替えて貯蓄していました。
その当時の考え方そのものは、間違っていなかったと思います。昨年のリーマンショックに突入する前にドル安が判っていたので、円に戻すべきだったのですが忙しかったのでドルのままで損をしながら保持しています。今更ドルを円に換えても手数料ばかり取られて、泥棒に追銭です。最近の日本の国債・負債残高を考えると円に換える気もあまりしません。そこで中国に出張する度にドルを元に交換しています。今回も大連で10万円ほど元に交換しました。・・・
時間があったので売店を回っていると、遼寧省の地図と中国全土の地図が売ってあります。あわせて150元(2,000円)になりますが、元は沢山持っています。普段はケチなけんおじですが、奮発して購入することにしました。

これで「春節前の大連・沈陽の旅2010:(2010.01.19〜2010.01.23)」の旅日記はおしまいです。
私が頻繁に中国に行きはじめて5年以上経ちます。この間、中国の改革解放が完全に軌道に乗り、中国は発展してきました。今年はGDPで日本を追い抜きます。(中国のアンダー経済=アウトサイダー経済、を計算に含めると既に2年位前に追い抜かれていると思います。)
一党独裁で自由主義が不完全な中国ですが、中国は世界中でポテンシャルを高めています。例えば、アフリカ諸国の貿易相手第一国は中国です。たとえ貿易額が小さくとも、経済的にはアフリカ諸国は中国と切っても切れない関係に成りつつあります。小さなアフリカ諸国と言えども、国連その他の国際会議では貴重な一票を持っています。
振って日本をみると、数年前の韓国のノ・ムヒョン政権と同じ「いちご白書」の友愛・鳩山政権です。中国にとって、お人好しの自民党政権よりもっと物わかりの良い鳩山・民主党政権と思っているはずです。
私の想像が外れれば良いのですが、数年後日本の国債等の価値が下がり、円安スパイラルになり、国力・防衛力が今以上に低下したとき、中国を含めた諸外国は日本をどの様に処するでしょうか?。私達一人一人が、「坂の上の雲」の主人公達の様な志を持ち、困難に立ち向かう必要があると思います。

兼定興産は、廃消火剤の肥料化を実用化しました。廃消火粉剤を有償で購入します。消火器処分、廃棄消火器、廃消火剤が有る方はご連絡下さい。

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化土、屋上緑化」が満載です。

かねさだ商事のホームページもアップしてます。
http://www.fukunet.or.jp/member/kanesada/
も覗いて下さい。
| けんおじ | けんおじ春節前の大連・沈陽の旅2010 | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
春節前の大連・沈陽の旅2010 (22)
春節前の大連・沈陽の旅2010 (22)
ミッションも終了し、沈陽最後の夜です。ミッション4日目となり、メンバーも打ち解けてしまいました。最後の晩餐会なので、みんなリラックスしまくりの大宴会です。
晩餐会は、故宮近くにある老舗の餃子専門店「老辺餃子館」です。十種類以上の水餃子、蒸し餃子がこれでもか!と出てきます。廊下には、奉天時代(満州国時代)の黄色みを帯びた写真が飾っていあり、着物を着た日本婦人が歩いています。
店を出ると、地下鉄工事現場が目に付きました。中国では、大連−沈陽の高速鉄道計画も進んでいます。近い将来、高速鉄道は、大連−営口−海城−寧陽−沈陽と整備されるでしょうし、上海は既に開通しています。また北京−天津も既に整備が終わりました。今後、中国沿岸部は日本国内の新幹線網に遜色ない鉄道網が整備されます。一部無知な日本人は、中国は日本より遅れた国と思っていますが、あっという間に追い抜れ、逆に置いてきぼりになりそうです。
老辺餃子館
奉天の街並み
沈陽の鉄道工事

兼定興産は、廃消火剤の肥料化を実用化しました。廃消火粉剤を有償で購入します。消火器処分、廃棄消火器、廃消火剤が有る方はご連絡下さい。

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化土、屋上緑化」が満載です。

かねさだ商事のホームページもアップしてます。
http://www.fukunet.or.jp/member/kanesada/
も覗いて下さい。

| けんおじ | けんおじ春節前の大連・沈陽の旅2010 | 15:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
春節前の大連・沈陽の旅2010 (21)
春節前の大連・沈陽の旅2010 (21)
けんおじは既に大連でプレゼンをしており、沈陽ではプレゼンはしません。昨日電話で話したお客様が、お昼頃に来るので彼が来るのを待つことにします。幸い通訳をしてくれる人が見つかったので一安心です。
お昼過ぎにお客様が遠路お見えになり、再会を祝します。けんおじから簡単に仕事の報告をすると、彼は分かったと言って、昼食を一緒にすることになりました。ミッション会場を中座して、食事へ出かけます。遠い日本から来てくれたからと言って彼がご馳走してくれます。東北・遼寧の人が食べる高級料理と白酒で歓待してくれました。お客様もけんおじも良か気分です。
「けんおじは白酒が好きなので、お土産に買ってあげる。」と言って、沈陽伊勢丹のデパ地下へ行き3本も買っていただきました。デパート内は、春節準備のためのセールが催されています。
丁寧にお礼を言って、さよならした後、会場へ戻りミッションに合流ですが、酔っぱらって上の空です。
春節前の沈陽伊勢丹デパ地下

兼定興産は、廃消火剤の肥料化を実用化しました。廃消火粉剤を有償で購入します。消火器処分、廃棄消火器、廃消火剤が有る方はご連絡下さい。

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化土、屋上緑化」が満載です。

かねさだ商事のホームページもアップしてます。
http://www.fukunet.or.jp/member/kanesada/
も覗いて下さい。
| けんおじ | けんおじ春節前の大連・沈陽の旅2010 | 12:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
春節前の大連・沈陽の旅2010 (20)
春節前の大連・沈陽の旅2010 (20)
沈陽の初めての朝です。昨晩の沈陽日本人会の食事が終わった後で数人の人と、早朝に沈陽の街を歩いてみようと言うことになっていました。
早めの朝食を食べて、3人で散歩に出かけます。外は−20゚C以下です。けんおじはズボン下(股引)をはいていないので、徐々に冷気が太股付近にくっついてきます。
丁度通勤時間帯なので首都沈陽も通勤ラッシュです。ただ、大連ほど新しい車は多くなく、相対的に自転車、バイクの量が多いです。バイクは音を立てることなく背後からやって来て通り過ぎていきます。おや!と思ってバイクを見ると、寒いにも関わらずマフラーから水蒸気を出していません。更によく見たら、電気バイクです。街中の多くのバイクが電気バイクでした。
ぅ〜ん!恐るべし中国。遼寧省だけでもかなりの数の電気バイクメーカーがあるはずです。今後メーカーは淘汰されるとしても、中国全体では多くの電気バイクメーカーが発展繁栄して、次世代電気バイクの生産拠点になることは明かです。日本で言えば、戦後多くの町工場がバイクを生産し、集約されてホンダ、川崎、鈴木、ヤマハが生き残った過程に似ていると思います。
ホテルに戻り、環境ミッションの準備をすることにしました。
沈陽の通勤ラッシュ

兼定興産は、廃消火剤の肥料化を実用化しました。廃消火粉剤を有償で購入します。消火器処分、廃棄消火器、廃消火剤が有る方はご連絡下さい。

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化土、屋上緑化」が満載です。

かねさだ商事のホームページもアップしてます。
http://www.fukunet.or.jp/member/kanesada/
も覗いて下さい。
| けんおじ | けんおじ春節前の大連・沈陽の旅2010 | 11:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
春節前の大連・沈陽の旅2010 (19)
春節前の大連・沈陽の旅2010 (19)
ホテルに着くと各自部屋へ入り、小休止の後に沈陽日本人会の方々と夕食会になります。
けんおじも部屋へ入り、早速PCをネットに接続してウェブメール(グーグルG-mail)をチェックしようとします。ただ大連のホテルと異なり、非常に速度が遅く、なかなかG-mailを読み込んでくれません。メールを送信しようとしても、送信できたのか出来ていないのかが、非常に分かりにくい通信速度です。
・・・昨日大連でウェブ・ニュースを読んでいたとき、中国政府とグーグルとがネット検閲について争っていることは知っています。場合によるとグーグルは中国の検閲に嫌気がさして中国撤退もあるようです。また中国政府は、グーグルのサービスを妨害するかもしれません。
けんおじは、「・・・あちゃ!ひょっとしたら中国の妨害でG-mailが使用不可になったとじゃろか?」とやきもきします。明日商談をする相手の方との通訳を知り合いに頼もうと考えていましたが、メールを相手が受け取ったかどうかが、いまいち不明確です。不幸なことに知り合いの携帯電話も通じません。トホホ!こりゃ困った。・・・
そうこうするうちに、沈陽日本人会の方々との食事会の時間になり、ホテル内の会場へ行くことになりました。歓迎の挨拶やお礼の挨拶の後に、和やかに食事会が始まり談笑の渦になります。
その時、けんおじの携帯に電話がかかってきました。
「ウェイウェイ」と相手が話しかけてきます。けんおじが明日会うことにしているお客様です。
「我是、けんおじ」と答えて、相手の話すことを注意深く聞きます。
内容的には、明日ホテルに出て来ます。○○時に来ます。と言っているようですが、途中で分からなくなってしまいました。
けんおじの横に座っていた中国語が堪能な人に代わってもらい、やっと理解することが出来ました。
お客様は、明日の昼頃に来るので、お昼ご飯をしながら話をしましょう、とのことです。
やれやれ、明日の通訳はどうしよう?まだ通訳を頼む人とは、連絡が取れていないのに、・・・。
沈陽日本人会

兼定興産は、廃消火剤の肥料化を実用化しました。廃消火粉剤を有償で購入します。消火器処分、廃棄消火器、廃消火剤が有る方はご連絡下さい。

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化土、屋上緑化」が満載です。

かねさだ商事のホームページもアップしてます。
http://www.fukunet.or.jp/member/kanesada/
も覗いて下さい。
| けんおじ | けんおじ春節前の大連・沈陽の旅2010 | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
春節前の大連・沈陽の旅2010 (18)
春節前の大連・沈陽の旅2010 (18)
バスには沈陽を案内する男性ガイドさんも同乗です。沈陽の様子を彼から説明して貰います。
沈陽の特徴を羅列すると、人口800万人の都市(中国5番目の都市)、冬は寒く暖房会社がスチームを各家庭に供給している(もしも室内のスチーム温度が18゚C以下であったら供給会社は罰金)、姉妹都市は札幌、沈陽のマンション価格6,000元/m2、医者の給料はサラリーマンの5〜10倍、大連と比べて坂が少ないので自転車が多い、2000年の歴史がある街で故宮がある。・・・・
と言うようなことを説明してくれます。
実際、沈陽はもともと奉天と呼ばれており、満族や満州国の首都でした。また「奉天」の由来は、満族の国王が、神(天)に祈り捧げる場所だったので奉天という名前が付きました。
日本の敗戦後に中国が満州国に侵入してきて、名称を沈陽と変えて以来中国に属することになります。
けんおじは、「沈陽(=日が沈む)と言うなんて、げさっか名前?縁起でもない。」と思いますが、聞くところによると河を中心とした陰陽に関係した地名と言うことです。真偽のほどは分かりません。
写真は宿泊先のフラマホテル沈陽(沈陽富麗華大酒店)です。
フラマホテル沈陽(沈陽富麗華大酒店)

兼定興産は、廃消火剤の肥料化を実用化しました。廃消火粉剤を有償で購入します。消火器処分、廃棄消火器、廃消火剤が有る方はご連絡下さい。

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化土、屋上緑化」が満載です。

かねさだ商事のホームページもアップしてます。
http://www.fukunet.or.jp/member/kanesada/
も覗いて下さい。
| けんおじ | けんおじ春節前の大連・沈陽の旅2010 | 22:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
春節前の大連・沈陽の旅2010 (17)
春節前の大連・沈陽の旅2010 (16)
急遽バスから列車に変更したために、寝台車に乗ることになりました。切符には大連⇒沈陽北(¥106)と書いてあるので、日本円で約1500円です。約350kmなので日本と比べるとかなり割安です。
日本の寝台列車には梯子が付いていますが、中国では足を掛け上るための穴が寝台の通路側にあいています。
列車は、大連→金州→大石橋→海城→鞍山→沈陽の道順で進んでいきました。駅周辺に近づくと街並みが見えますが、途中は寒々とした風景が続きます。
けんおじは、おしっこがしたくなりトイレへ行こうとしますが、列車が停車中は使用禁止です。多分昔の日本の列車と一緒で、線路への放出方式だと思いました。トイレは、写真では小綺麗に写っていますが周辺が水で濡れており、やや清潔感に欠けます。
夕方に沈陽北駅に着き、宿泊先の沈陽フラマホテルへとバスで移動します。
沈陽行きの寝台車
海城市付近の寒々とした風景
列車内のトイレ

兼定興産は、廃消火剤の肥料化を実用化しました。廃消火粉剤を有償で購入します。消火器処分、廃棄消火器、廃消火剤が有る方はご連絡下さい。

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化土、屋上緑化」が満載です。

かねさだ商事のホームページもアップしてます。
http://www.fukunet.or.jp/member/kanesada/
も覗いて下さい。
| けんおじ | けんおじ春節前の大連・沈陽の旅2010 | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
春節前の大連・沈陽の旅2010 (16)
春節前の大連・沈陽の旅2010 (16)
再びバスに乗り込み、列車で沈陽へ行くために大連駅まで行きます。けんおじにとっては、約25年ぶりに中国で列車に乗ることになります。バスを降りてボストンバックを引きずりながら駅舎へと行き、列に並びます。少なくとも大連駅では飛行機の搭乗手続きと同じ厳重警備です。
けんおじも、「何じゃこりゃ?、飛行機に乗るごつ厳しかじゃん!!」と思いながら手荷物検査、身体検査を受けてやっとホームにたどり着きました。ホームでは春節を前にして人人人でごった返していました。
大連駅
春節前の大連駅

兼定興産は、廃消火剤の肥料化を実用化しました。廃消火粉剤を有償で購入します。消火器処分、廃棄消火器、廃消火剤が有る方はご連絡下さい。

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化土、屋上緑化」が満載です。

かねさだ商事のホームページもアップしてます。
http://www.fukunet.or.jp/member/kanesada/
も覗いて下さい。


| けんおじ | けんおじ春節前の大連・沈陽の旅2010 | 21:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
春節前の大連・沈陽の旅2010 (15)
春節前の大連・沈陽の旅2010 (15)
7時にホテルを出発して、金州(大連北部)にある大連清本再生水有限公司と大連清本鐵工の工場見学をさせていただきます。
けんおじにとっては、水処理関連や製鉄関連は非常に好きで興味のある分野です。
わくわくして水処理工場を見学させていただきました。ただバスを降りるとマイナス20゚C位で、めちゃ寒です。
この水処理場は、周辺の食品関連の工場等から排出される排水を処理して川に放流しています。食品関連の排水にはP(リン)等が非常に高い濃度で含まれており、BOD,CODが非常に高いのですが、処理場からの放流水は非常に綺麗な水になってました。通常であれば、Pの除去は塩マグ、塩カル、水マグ、消石灰等で除去するのですが、この工場は非常に高度な処理・運営方法を用いてPの除去をしています。日本からの技術とはいえ、中国のこれからの水処理技術でのノウハウの蓄積は侮れません。この地区では、この水処理施設ができるまでは、かなりひどい排水が河川に流れていたようです。
大連清本の工場見学は、熱(電気炉精錬、鋳造)を使用していることもあって、工場内は外気と比べるとちょうど良い温度です。けんおじにとっては、アセチレンやコークスの燃焼臭が心地よく感じます。
工場内の会議室で、再生水工場と鋳造工場の説明を受けた後に失礼することにしました。
大連清本再生水
大連清本鐵工

兼定興産は、廃消火剤の肥料化を実用化しました。廃消火粉剤を有償で購入します。消火器処分、廃棄消火器、廃消火剤が有る方はご連絡下さい。

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化土、屋上緑化」が満載です。

かねさだ商事のホームページもアップしてます。
http://www.fukunet.or.jp/member/kanesada/
も覗いて下さい。
| けんおじ | けんおじ春節前の大連・沈陽の旅2010 | 09:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
春節前の大連・沈陽の旅2010 (14)
春節前の大連・沈陽の旅2010 (14)
大連の3日目が始まりました。今日は大連金州区にあるの日系水処理施設(日本で言えば、下水処理場)を見学した後、遼寧省の首都である沈陽(瀋陽、旧奉天)まで移動する予定です。
ただ今年は例年にない大雪と零下で、途中交通トラブルに巻き込まれる可能性があります。
そこでチャーターバスでの沈陽への移動を変更して、急遽列車で移動することになりました。
この関係上、モーニングコールは5:30で、7時にホテルを出発です。
けんおじも出発前20分にロビーに行きます。時間つぶしでロビーをうろうろしていると春節の縁起物のお菓子箱が目に付きました。大連に来た初日に会った秦さんから頂いたお土産と同種類のお菓子箱です。中国ではこのお祝いのお菓子箱を親しい人に贈る習慣があるようです。内にはいろんな種類のクッキーや飴、中国菓子等が詰まっています。日本のお歳暮とはまた雰囲気が異なり、なんだか正月を迎えるに当たり、ワクワクする気分になります。
春節のお菓子箱

兼定興産は、廃消火剤の肥料化を実用化しました。廃消火粉剤を有償で購入します。消火器処分、廃棄消火器、廃消火剤が有る方はご連絡下さい。

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化土、屋上緑化」が満載です。

かねさだ商事のホームページもアップしてます。
http://www.fukunet.or.jp/member/kanesada/
も覗いて下さい。
| けんおじ | けんおじ春節前の大連・沈陽の旅2010 | 01:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |