イェシャの「カモネギ旅行」in山東省2012 3.
JUGEMテーマ:旅行

 イェシャの「カモネギ旅行」in山東省2012 3.

訪問する会社(工場)は、青島から200km以上離れた複数の都市です。
交通の利便性を考えて、目的地に近い坊主市のホテルに滞在することにしました。
青島には、新規取引しようとしている空想公司の馬さんに迎えに来てもらう予定でいましたが、「迎えに来れるかわかりません。ただ、高速バスが便利なので、その時は高速バスで来て下さい。」と返事メールが有り、その後迎えに来てくれる様子ではありません。
仕方ないので、青島の懇意にしているフォワーダーさんを通して、タクシーを800元(約11,000円)でチャーターしました。200kmを800元で走ってくれるのは諸事情を考えると妥当な値段です。
「自分たちで200km離れたホテルまで行くよ」と伝えると、早々に返信メールが来て、到着ホテルに待っていますとのことです。馬さんは、タクシー代を払いたくなかったのかな?と一瞬思いました。

| けんおじ | イェシャの青島「小便(しょんべん)」旅行2010 | 20:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
イェシャの青島「小便(しょんべん)」旅行 9
JUGEMテーマ:旅行
 イェシャの青島「小便(しょんべん)」旅行 9(おしまい)

帰国当日です。ホテルでバイキングの朝食を済ませ、徒歩で荷物をゴロゴロと引きながら飛行場に到着します。
搭乗手続きまで時間があり、飛行場内の椅子に腰掛けていると、おじさんがモップ付きの自転車でフロアを掃除しています。初めて見る光景でした。
搭乗手続きが始まり、カウンターに並んでいると、イェシャ!と声を掛けてくる人がいます。???
なんと、同じ久留米の人です。数名で来ているようです。
お互いに、「仕事で来たと?」と探りを入れながらの会話が始まりました。
彼等も本当に仕事で来たそうです。中国の研修生受け入れのために、現地面接を終えての帰国のようでした。
出国手続きをして出発を待っていると、同じ制服を着た20歳位の20名の中国女性集団が同じ飛行機を待っています。彼女達は、愛知県の自動車関連会社へ研修生として仕事をするための集団でした。
・・・飛行機は福岡空港へ着陸し、通関検査も終わりシャトルバスに乗ろうとすると、「イェシャ!こんなところで会うなんて!」と中国人のおばさんが声を掛けてきました。
一緒に日中友好のNPO活動をしている女性です。彼女は、来日中国人の出迎えに来ていました。
最後の日はいろんな知人と、予期せぬ場所で会うことが出来ました。やはり日中の距離は(好き嫌いは別として)近くなってきている。と言うのが印象的でした。
おしまい。
| けんおじ | イェシャの青島「小便(しょんべん)」旅行2010 | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
イェシャの青島「小便(しょんべん)」旅行 8
JUGEMテーマ:旅行
 イェシャの青島「小便(しょんべん)」旅行 8
このホテルから青島飛行場までは歩いて直ぐなので、明日チョンボしないために飛行場まで行ってみることにしました。建物は国内線、国際線と大きく2つに分かれており、搭乗カウンターも確認しました。かなり空腹になってきたので(と言うよりも、ビールが飲みたくなって)店を探すことにします。飛行場内にあった味千ラーメンに入ることにします。
店に入り、かっこよく「イーガレン(一人客)」と言って椅子に腰掛けます。ビールとラーメンを頼みますが、小瓶だったので足りず、もう1本追加しました。料金はラーメン25元、ビール1本20元です。
ほろ酔い加減で、飛行場内をブラブラしながら戻る途中で、売店がありました。売店のお姉ちゃんに「イーピン・ピージョウ?」と尋ねると、冷蔵庫の奥から缶ビールを手渡してくれました。価格は10元です。結論!味千ラーメンでのビールの値段は高い!
ホテルに戻り明日の帰り支度をして、おねんねしました。
青島飛行場内の自転車での掃除
| けんおじ | イェシャの青島「小便(しょんべん)」旅行2010 | 17:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
イェシャの青島「小便(しょんべん)」旅行 7
JUGEMテーマ:旅行
 イェシャの青島「小便(しょんべん)」旅行 7
 
工場見学が終わりお待ちかねのお昼御飯です。
昨晩の夕食会で、イェシャは「香菜」が沢山入っている羊のスープ料理が大好きであることを伝えました。
で、呉さんは気を利かせて、火鍋を食べることにします。
お肉も沢山ありますが、香菜も沢山たのんでくれました。イェシャ、大満足です。
昼食を終えて青島へ戻ることにします。呉さんの仲間が高速を飛ばして送ってくれます。
明日の帰りの飛行機は午前11時ですので、飛行場近くの丹頂鶴大酒店に泊まります。ちなみにこのホテルの敷金(ヤーチン)は、600元でした。
飛行場近くで「丹頂鶴大酒店」と言う名前で、表には丹頂鶴の彫刻があります。多分昔はJALのホテルだったのかもしれません。香菜の山
丹頂鶴大酒店
| けんおじ | イェシャの青島「小便(しょんべん)」旅行2010 | 18:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
イェシャの青島「小便(しょんべん)」旅行 6
JUGEMテーマ:旅行
 イェシャの青島「小便(しょんべん)」旅行 6

ホテルロビーには呉さんが迎えに来てくれて、一緒に工場見学に出発です。
やはりこの街でも、環境改善命令が出ており、いろんな工場に影響が出ているようです。
市政府からある日突然「環境改善命令により、明日から工場ストップですよ。」と言うことが起こっているようです。
また、命令に違反して目立たないようにして操業している工場もあるようです。
逆に、違反している工場を市民が政府に訴えると、1000元?を報奨金にもらえると言う話も聞きました。
帰国して友人から聞いた話(10月下旬ころ)では、上海周辺では、省エネ達成のために強制停電を行い、中国からの輸出がストップしており、年末商戦の玉がない。と言う話も聞きます。中国の5カ年計画の最後の年なので、省エネについても目標達成しなければならず、その為に一番手っ取り早い方法が、電力ストップでエネルギー使用を抑制しているそうです。
また、遼寧省の港の通関は厳しい商品検査が続いているそうです(10月末現在)。
これらは、日本固有の尖閣諸島海域へ不法侵入した野卑な中国漁民問題の時期と一致していますが、日本への制裁の面よりも、中国国内事情(海外へ発信する「省エネ政策」「レアメタルの価格政策や不法輸出」)や元為替等との関係が深いかもしれません。
また国内の新聞を読むと、中国ではこの時期軽油が不足気味になりました。原因としては、電力ストップにより工場が稼働できず、その為に自家発電で操業継続している。それで、軽油の需要が高まり品薄になっているようです。
工場団地
| けんおじ | イェシャの青島「小便(しょんべん)」旅行2010 | 16:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
イェシャの青島「小便(しょんべん)」旅行 5
JUGEMテーマ:旅行
 イェシャの青島「小便(しょんべん)」旅行 5

朝食を食べて、部屋へ戻りチェックアウトの準備をします。
さてここで、読者の皆様に目の保養です。
ホテルに備え付けてある、様々な媚薬・避妊具です。「夜光・・・」は、女性の体に塗ると怪しく光るゼリーのようです。
この街は「凧」が有名です。ホテルにも凧が飾ってありました。
目の保養
凧
| けんおじ | イェシャの青島「小便(しょんべん)」旅行2010 | 10:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
イェシャの青島「小便(しょんべん)」旅行 4
JUGEMテーマ:旅行
 イェシャの青島「小便(しょんべん)」旅行 4

朝目が覚めて、窓から外を見るとスモッグで遠くが見えません。石炭を燃やすときに出る特有な臭いも少し感じます。まだ冬に向けたスチーム暖房のための石炭ボイラーを焚くには少し早い気もしますが、間違いなく石炭燃焼の臭いです。取りあえず、ホテルの外に出てみます。
中国では数年前から「環境改善命令」の名の下に、工場での石炭使用が制限されてきました。ただ「法あれば、策有り」の国です。地方政府・共産党職員への賄賂等で、田舎地方ではまだまだ石炭燃料を使用した工場がありました。例えば遼寧省の都市周辺ではエネルギーとしての石炭使用はだいぶ減ってきましたが、山間部に行くとまだまだ石炭燃料を使用していました。
今回の「環境改善命令」は、党の5カ年計画の最後の年でもあり、地方政府の実績作りのために全国的に実施されている様な気がします。
通りに出てみると人がまばらに通勤していました。九州に比べるとやや肌寒く、イェシャはさっさとホテルに戻り朝食をいただきます。
スモッグの通り
| けんおじ | イェシャの青島「小便(しょんべん)」旅行2010 | 19:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
イェシャの青島「小便(しょんべん)」旅行 3
JUGEMテーマ:旅行
 イェシャの青島「小便(しょんべん)」旅行 3

チェックインを済まし、目的の会社(本社)へ行くと、担当者で日本語の出来る呉さんが出迎えてくれました。すでに周辺は暗くなっており、周辺は少し寂しい気がします。
社内の接待所で食事をしましょうと呉さんが誘ってくれ、食事をみんなですることになりました。
美味しい料理(やや家庭料理ぽい)とビール、白酒でイェシャは幸せです。
いろいろと世間話や仕事話について花が咲きます。
担当の女性の呉さんは、お酒が大好きのようです。ビールを手酌でぐいぐい飲みます。
ほろ酔い気分になり、そろそろお開きになるころに、「イェシャ、足マッサージやカラオケに行きませんか?。」とお誘いしていただきました。
来た〜!スケベタイムの到来です。
イェシャはスケベだけど、昔の大連森ビルの女性に絡む不祥事の噂やその他の中国での事例を話して、遠慮することにします。実際、尖閣諸島問題でフジタ社員が逮捕されているこの時期にスケベ心はとんでもないことです。(本日11/3読んだ週刊誌には、広東省広州で、日本の商社員が売春で逮捕の記事がありました。「江戸の敵を長崎で」は中国ではあり得ることです。)
呉さんもその話(大連森ビルの話)は少し聞いたことがある。と言います。
さっさとホテルに送り届けてもらい、明日9時に迎えに来てもらうことにしました。
接待所でのおもてなし
| けんおじ | イェシャの青島「小便(しょんべん)」旅行2010 | 13:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
イェシャの青島「小便(しょんべん)」旅行 2
JUGEMテーマ:旅行
 イェシャの青島「小便(しょんべん)」旅行 2

16:00に青島飛行場に着き入国手続きを済ませます。月曜日とあって、飛行場は人が少なく簡単短時間で入国することが出来ましたいよいよ旅行開始です。入国手続きの書類も少し簡略化されているようです。
今回のイェシャのミッションは、「地方政府の省エネ政策の影響、環境改善命令の実際、出国商品検査の状況を踏まえた製品仕入先の工場訪問」です。
(※ちょうどこの時期は、日本領土の尖閣諸島付近で中国漁民が公務執行妨害で逮捕され、日中摩擦が大きくなり、レアメタルの輸出制限や、日本向けコンテナを通関するに当たり「商品検査」が厳しくなって、各港では日本向けコンテナが通関できずに溢れている時期でした。)
従来であれば、現地では通訳の仲間と同行するのですが、訪問先の人が日本語を理解できるので、一人旅です。
入国ゲートでは、仕入先の劉さんの仲間2人が出迎えてくれます。
乗用車へ乗り込み、高速を120〜140km/hでぶっ飛ばして、約2時間で目的地の街に到着しました。
取りあえずホテル(浜海金輝大酒店)に入り、チェックインします。料金は300元(約4,000円)位なのですが、500元の敷金(ヤーチン)を取られます。(チェックアウトの時に、差額を返してくれるのですが、敷金の額は法外だと何時も思います。)
浜海金輝大酒店
| けんおじ | イェシャの青島「小便(しょんべん)」旅行2010 | 21:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
イェシャの青島「小便(しょんべん)」旅行 1

イェシャの青島「小便(しょんべん)」旅行 1
この時期中国では、尖閣・抗日に名を借りた大騒ぎや、「08憲章」を起草した中国人人権活動家で作家・詩人の劉暁波のノーベル平和賞受賞の報道規制で大賑わいの時期でした。

会社を出たのが少し早かったので、西鉄久留米付近のイェシャ行きつけの喫茶店で、店主と水杯ならぬコーヒーを飲みます。
店主、「イェシャ大丈夫?揚子江に浮かばないようにしなさいよ!」と訳の分からない心配をしてくれます。
「良か、良か、大丈夫。青島から少し離れた街で、小便したらさっさと帰ってくる。」とイェシャも訳の分からない返事をしていざ出発。
久留米バスターミナルでは、絵画教室で一緒に勉強していたおばさんとたまたま一緒になりました。
彼女も同じ飛行機で青島経由北京に遊びに行く予定だそうです。
「何で今の時期に、中国なんかに遊びに行くの?」と尋ねると、「主人がパック旅行を予約していて、旅費がいくらかも知らないし、北京観光の内容も知らない。中国の情勢も知らない。」と平和な日本のおばちゃんぶりを発揮してくれます。この夫婦とは、青島まで一緒の飛行機でした。
飛行場に着き、友人に電話です。
実は友人から、11月に合肥市政府・民間への友好経済訪問があり、是非イェシャも一緒に行きましょう!と誘いがあったのですが、返事を保留していました。
友人へ「本当に行くと?計画自体を中止したほうが良いのでは?どちらにしても時間的に余裕が無く今回は参加できない。」と返事します。
青島飛行場

| けんおじ | イェシャの青島「小便(しょんべん)」旅行2010 | 11:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |