けんおじの青島ジャスミンの旅? 15

 けんおじの青島ジャスミンの旅? 15

 おまけ

2011年3月11日午後に東北大震災が発生します。
勿論約80年家族ぐるみでおつきあいをしている中国友人や、10年来おつきあいをしている中国人からも心温まるお見舞いメールが来ました。
けんおじは、
「地震と津波のお見舞い、ありがとうございます。地震から2日経ちましたが、私達日本人は、節度と理性、秩序をもって頑張っていきます。これからもご声援をよろしくお願いします。」
と丁寧にお礼のメールを送ります。
さらに翌12日には、今回訪問したビジネスマッチングに参加した企業からも、震災お見舞いのメールが来ました。
その中の1社からは、
「地震大変でしょう。けんおじ、何も心配しなくて良いから、早く青島へおいで。」
という優しい?メールもありました。
彼とは1回しか会っていないのに、どうしてそこまで優しいの?
自分が少しは環境技術を理解しているから?燃焼や重金属固定、土壌汚染・水質について少し詳しいから?・・・
・・・けんおじをしゃぶってもそこまで美味しくないよ。
「ありがとう。でもけんおじは、日本が好きやけん、日本に残って頑張るけん。」
とメールで返信しました。

 更におまけ
5月初旬に再度青島へ出かけ、青島から200km離れている会社へいきました。
この会社の総経理には、スケジュールの都合で、過去お会いすることができませんでした。
しかし今回は時間を作ってご挨拶することができました。
会社の応接室で待っていると、総経理が私たちの前へ来られたので、私たちも立ち上がります。
総経理は直立のまま私たちに、「このたびの震災・原発事故について、心からお見舞い申し上げます。」と言っていただきます。彼の心からのお見舞いの言葉を身にしみて感じました。
人間、心から話しているのか否かは、接してみればすぐに分かります。
けんおじは少し涙目になりながら、お礼の言葉を言いました。

 おしまい

| けんおじ | けんおじの青島ジャスミンの旅? | 08:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
けんおじの青島ジャスミンの旅? 14

 けんおじの青島ジャスミンの旅? 14

ほろ酔い気分でビール工場を後にして、ドイツが建てたドイツ総賓の官邸で後に中国の迎賓館になった建物を見学します。
迎賓館見学後、飛行場へと向かう途中、バスから外を見ていると「求人情報交換所?」で大勢の人が仕事を探していました。春節(旧正月)明けで、地方から来た労働者が職を求めているようです。
実際、内陸でも少しずつ給料が良くなっており、春節を期に帰省したまま春節明けには元の工場に戻らない人がかなり多くなり、都市部や工場での労働確保が難しくなっているようです。
7月に中国人の方からもらったメールによると、次のような内容が書かれていました。
・・・特に都市部では、中国では年初から毎月のCPI(消費者物価指数)が高くなっています。6月の物価指数は6%以上上昇したようです(まだ正式発表していないですが、いつも経済学者の予測数とは近い)金利も最近の八ヶ月の中に5回目高く調整しました。私のような住宅ロンでマンションを買った普通のサラリーマンとしては本当に大変です。

現地に住む中国人にとって、「人民元を持ち続けることはインフレ状態では損だ!」と言う考えです。なので、マンションその他(日本買いも含めて)への投資に積極的です。
逆に、在日の中国人の考えは、「(私も同じように思いますが、)人民元の切り上げが今後も進むので、人民元は現金で持っていても大丈夫!」です。

で、2011年3月5日に無事帰国したわけですが、6日後に東北大震災が起こるとは夢想だにしていませんでした。
青空職安?

| けんおじ | けんおじの青島ジャスミンの旅? | 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
けんおじの青島ジャスミンの旅? 13
JUGEMテーマ:旅行

けんおじの青島ジャスミンの旅? 13

青島最後の朝です。例によりバイキングの朝食をいただきます。
午前中に青島ビールの工場見学をして午後の飛行機で仁川経由で福岡へ帰国する予定です。
けんおじは、数年前にトラック物流関係者と青島に行き、青島ビール工場を見学する予定でした。
ただその時は、急に共産党が工場見学をするようになったので、一般人は立ち入り禁止です。私たちは見学できなくなりました。
中国では、共産党は神様です。泣く子と共産党にはかないません。
なので今回が青島ビール工場見学の初体験です。工場の入り口には創業100年のモニュメントが飾ってあり、中国語と英語とで説明文があります。
旅順などの観光地などであれば、説明文中には、「中国を侵略した日本帝国主義者が、中国人を奴隷のように使って、・・・」と言うような説明文が書かれてあるのですが、ビール工場は民間なのでそのような内容は書かれていません。
青島ビール モニュメント

| けんおじ | けんおじの青島ジャスミンの旅? | 13:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
けんおじの青島ジャスミンの旅? 12
JUGEMテーマ:旅行

けんおじの青島ジャスミンの旅? 12

今晩もメンバー全員が揃って夕食会の予定ですが、けんおじは夕方から別行動です。
先ず、徒歩で南京路へ行きフォワーダーさん(貨物利用運送事業者のこと、陸上で言えば通運会社みたいなもの)の会社へ挨拶へ行きます。
ここで30分位話をして、少し時間が余ったので、近くのスーパージャスコでジャスミン茶を買い求めてホテルに戻りました。
ホテルに戻りしばらくすると、今度は青島から約150km離れた所にある取引先の王さんが新入社員2名を連れて挨拶に来てくれました。約5ヶ月ぶりの再開です。
夕食をしながら、打合せをすることにします。
けんおじ何食べたい?
何でも大丈夫だよ!王さん達は何食べたい?
と尋ねると、既に何を食べようかと自分たちの好みで決めています。(とりあえずけんおじに何を食べたいかを聞いて、自分たち好みの店へ行く魂胆です。)
じゃマグロと蟹の食べ放題へ行きましょう。と王さんが言います。朝鮮族が経営する日本食レストランへタクシーで出かけます。
中国では、生もの(さしみ)や生水(冷水)を飲食する習慣は無かったのですが、だんだんと生ものも食べるようになってきました。
美味しい料理と冷たいビールで幸せ一杯です。
ホテルまで送ってもらいさよならします。
明日はいよいよ帰国です。
青島南京路
 <青島南京路>
青島ジャスコ
 <青島ジャスコ>
朝鮮族の日本料理店
 <朝鮮族経営の日本料理店>

兼定興産のホームページ http://urban-green.jp/ も覗いて下さい。「屋上緑化土かるいちばん、屋上緑化」が満載です。

かねさだ商事のホームページもアップしてます。
http://www.fukunet.or.jp/member/kanesada// も覗いて下さい。

| けんおじ | けんおじの青島ジャスミンの旅? | 09:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
けんおじの青島ジャスミンの旅? 11
JUGEMテーマ:旅行

けんおじの青島ジャスミンの旅? 11

このリサイクル工場はメチャメチャ広くて、家電、車等のリサイクルと廃棄物の焼却作業を行っています。
会議室で、工場の説明を聞き、工場内見学をしました。仲間の一人が写真を撮ろうとしますが、撮影禁止とのこと、・・・しかし会社側は、私達日本からの見学者をビデオでベタ撮影です。
けんおじは、ビデオ写りの映像を利用されたくないので、ビデオカメラの死角にいるように心がけました。
焼却工場も案内してくれて説明してくれます。
「2基のロータリーキルンで1次焼却・2次焼却をしているので、非常に衛生的です。」と説明されます。
・・・あれ〜?たぶんロータリーキルンであれば、炉内温度は高々1100゚C位なので、灰は溶融状態にはなりません。なので、重金属溶出の問題があるはずなのですが・・・?。
けんおじは質問しますが、答えはまるでとんちんかんのスッカラ菅、本人は「俺は産廃の焼却については、まわりの誰よりも詳しい!」とどこかの総理大臣のように答えます。
・・・というのは嘘で、中国では大気や水質については環境基準がありますが、まだ土壌については環境基準があまり確立していないようです。
実際、広西チワン族自治区の思的河流域では、イタイイタイ病(有機水銀)が発生しており、中国国内の米は約10%が重金属汚染米との噂もあるようです。中国でも今後は、土壌中のHg、As、Cr、Cd等の重金属規制が厳しくなると思います。
この会社の総経理は、私達に昼食をご馳走してくれました。
歓迎の挨拶で、この分野ではドイツなどの他国がかなり進出してきています。早く中国に進出して私達と組みましょう。早くしないと出遅れますよ。と急かします。
けんおじは、「・・・ふ〜ん!一理はあるけど、そげん言っても、お馬鹿な川崎重工の新幹線輸出のように丸裸にされて技術を盗まれる可能性も大きいジャン。」とチラと考えて、率直に言いました。彼は、「新幹線の技術を盗んだことについては、自分は知らない。」と答えてくれます。
とにかく美味しい料理とお酒で大満足です。マイクロバスで青島市内まで戻ります。
リサイクルヤード模型
 <リサイクル施設模型>
昼食

兼定興産のホームページ http://urban-green.jp/ も覗いて下さい。「屋上緑化土かるいちばん、屋上緑化」が満載です。
かねさだ商事のホームページもアップしてます。
http://www.fukunet.or.jp/member/kanesada// も覗いて下さい。
| けんおじ | けんおじの青島ジャスミンの旅? | 07:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
けんおじの青島ジャスミンの旅? 10
JUGEMテーマ:旅行

 けんおじの青島ジャスミンの旅? 10

ミッション3日目の朝です。今日の予定は2グループ(「水処理」と「リサイクル」)に分かれ、現地の調査・見学です。
けんおじは、「リサイクル」グループに属してリサイクル工場を見学することにしました。
青島からバスで1時間くらい離れた場所に移動します。
マイクロバスでの移動途中からパトカーが前方を走りだします。
前をパトカーが走ったら、スピードを出せないジャン!と思ったら、全然逆です。私達を先導してくれました。噂には聞いていましたが、本当にこんな事があるとはビックリでした。
帰途は、後方にも護衛車が付きました。
パトカーの先導
 <先導車です。>
警察の後方警護車
 <後方警護車です。>

※中国共産党の人事としては、若い頃は「県:日本で言う町村位」の長の仕事をして、市の仕事や国(共産党)が関与している会社の仕事をしたりしながら、上手いこといけば国の高級役人などになります。
上手いこといかなければ(本人の能力や属する閥、コネが良くないと)競争から負けてしまいます。
この出世レースの間に、企業・役所との線引きがあいまいになるような気がします。その結果、今回のように、パトカーが企業の先導車になることもあるのかも?
換言すれば、中国では現在の国家主席にしてもその周辺にしても、今現在は官僚であっても、過去には会社の経営や軍の仕事もしてきています。日本のスッカラ管さんや、お馬鹿な鳩さん、(韓国であれば、八方ふさがりで岩から飛び降り自殺した、韓国版鳩山のような盧武鉉)のように、安全保障や経済運営の実務経験の無い政治家はほとんどいないと思います。

兼定興産のホームページ http://urban-green.jp/ も覗いて下さい。「屋上緑化土かるいちばん、屋上緑化」が満載です。

かねさだ商事のホームページもアップしてます。
http://www.fukunet.or.jp/member/kanesada// も覗いて下さい。

| けんおじ | けんおじの青島ジャスミンの旅? | 07:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
けんおじの青島ジャスミンの旅? 9
JUGEMテーマ:旅行

けんおじの青島ジャスミンの旅? 9

環境ビジネス商談会が終わり、夕食は中国側招待の歓迎レセプションです。
市政府、環境商談会中国側来場者、九経局、ジェトロ青島、K-RIP関係企業が各テーブル毎に着席して、懇親・情報交換をします。もちろん各テーブルには通訳の人も同席です。
美味しい料理と青島ビール、白酒でおもてなしをしていただきます。
招待者の歓迎挨拶、それに対してお礼挨拶があり乾杯です。
各テーブル和やかに歓談・飲食・仕事の話が進んでいきます。美味しい白酒が出てきた頃には、お互いにかなり打ち解けてきました。
歓迎晩餐会

けんおじのテーブルでは、60過ぎの最年長の中国人が、「・・・に乾杯!」と言ってみんなにお酒を勧めます。
そのうち、「中日間は過去にいろいろあったけど、前向きにつきあうことに、乾杯!」と、少し上から目前で乾杯(中国の乾杯は、お酒を完全に飲み干します。)を勧めます。
けんおじは、またその話かよ!と少しモヤッとします。さらに続けて、「我々漢族と日本人は、世界で一番近い人種なので、お互いに良く理解し合うことが出来る、・・・。」と得々と話し出しました。
ここにきて、けんおじのモヤモヤ度が全開になります。
「それは違います。日本人と漢族が一番近い民族ではありません。日本人に一番近い民族としては、満族あるいは朝鮮族やモンゴル族です。」と通訳の人に伝えさせました。
するとその親父は少し静かになり、今度はけんおじに、「あなたは何年生まれですか?」と尋ねます。
けんおじは、拙い中国語で56歳と言ったつもりでしたが、間違って65歳と言ってしまいます。
するとその親父は、「私よりも2歳年上だ、中国では年長者を敬わないといけない。では、乾杯!」と言います。結果的に年を間違って大正解のようでした。
ちなみに通訳をしてくれた彼女は朝鮮族でした。山東省・青島では朝鮮族がかなりの人数生活しています。
けんおじは彼女へ、「ここ60年の間に、満族は自分たちの言語を無くしてしまった。朝鮮族は朝鮮語をきちんと保持しているので、満族よりも幸せですね。」と尋ねます。
すると彼女は、自分の子供達はあまり朝鮮語を使わなくなっています。と答えます。
国・民族・言葉などについては、ほぼ単一民族で一国家の私達日本人にとって、理解しづらい分野です。
楽しいレセプションが終わり、仲間と一緒に今晩もコンビニへ買い出しへ行きます。 
中国のコンビニ



兼定興産のホームページ http://urban-green.jp/ も覗いて下さい。「屋上緑化土かるいちばん、屋上緑化」が満載です。

かねさだ商事のホームページもアップしてます。
http://www.fukunet.or.jp/member/kanesada// も覗いて下さい。

| けんおじ | けんおじの青島ジャスミンの旅? | 08:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
けんおじの青島ジャスミンの旅? 8
JUGEMテーマ:旅行

 けんおじの青島ジャスミンの旅? 8

会場へ戻ると、青島企業向けの「九州・山東省環境ビジネスセミナー」が終わり、ちょうど商談会が始まる時間でした。
けんおじとしては、今回の商談会はあまり期待をしておらず、簡単に屋上緑化土「かるいちばん」と一部輸入品の話で流すつもりでの参加です。なので緊張感も無く、けんおじブースで待機します。
そうは言っても、けんおじブースには、4社ほどがお見えになりました。
その中の1社は、ある種典型的な中国中小企業でした。以下そのやり取りです。
30代のお兄さんが来て、総経理の名刺を私に渡し、ドンと椅子に腰掛けます。(中国では代表者が行けない場合は、名刺を預けて代理人が行くことがあります。ただ当方にとってあまり良い気分ではありません。)
「総経理から預かった名刺です。私が総経理の代わりに来ました。」
けんおじ、「初めまして、で、屋上緑化土に興味がありますか?。」と尋ねると、
「私の会社は貿易をしている大きな会社です。(なので自社と取引しないと、けんおじの会社は損しますよ。)」と答えます。
・・・ふ〜ん?大きな貿易会社の割には、この程度の話し方でこの程度の態度なの?と思い、少しムカッとします。大人げないのですが、商売そっちのけで、相手を撃破することに生き甲斐を感じてしまいました。(「お前日本人を『カモねぎ』と思って、なめてんじゃないぞ!とまでは思いませんが、取りあえず戦闘モードです。)
けんおじ、「大きな会社なんですね?何を貿易されているのですか?」と、にこっとして尋ねます。
「機械を輸入している。」
けんおじ、「輸出はされているのですか?」
「輸出は、・・・していない。でも必要であれば輸出も可能です。」
(中国の一部の方は、当初の目的の話が上手くいかない場合は、少し別の話をして、「取りあえず、何でもできる。」と言う傾向が日本よりも強いようです。)
けんおじ、「弊社は貴国から工業薬品を輸入しているのですが、貴社は薬品の輸出は可能ですか?」
「・・・もちろん薬品の輸出は可能です。」
少し彼の様子が変わってくるのがわかります。
けんおじ、「例えば、塩化カルシウムは輸出可能ですか?」
「その塩化カルシウムはどんな薬品なのですか?」と彼が尋ねます。
けんおじは、CaCl2と化学記号を書いて、「これが塩カルですが、意味が分かりますか?用途は融雪剤としても使いますよ。取引可能ですか?」と質問をたたみかけます。
彼は、ちょっと考えて「直ぐに探してくるから、取引は可能です。」と答えます。
けんおじ、「私の会社は、中国の商社及びメーカーから既に購入しています。貴社がメーカーでないなら、貴社から購入するつもりはありません。お互いに得る物が無さそうですね。」と伝えて分かれました。
後の数社とは、お互いに情報交換でした。非常にまともな会社で、逆に当方が力不足でした。
青島商談会

| けんおじ | けんおじの青島ジャスミンの旅? | 20:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
けんおじの青島ジャスミンの旅? 7
JUGEMテーマ:旅行

 けんおじの青島ジャスミンの旅? 7

見学が終わり、午後からの「環境ビジネス商談会」のためにホテルに戻ります。
ただ、けんおじは中国の友人(女性)と昼食を一緒にしながら、お互いに仕事の話をすることにしていますので、少しの間、別行動になります。
彼女とは、昨年の東京ビックサイトに彼女の企業が出展して以来です。彼女がご馳走してくれるというので、後ろからとことこ付いていきます。ただ、ホテル内の中華レストランが満席です。しょうがないのでホテル内の欧風レストランに入りました。
彼女は、これでもか!と言うくらい料理を注文します。私は、その位で十分すぎると思うのですが、・・・。
で、やっぱり多すぎました。ダーパオ(take out)です。
彼女と別れ、環境ビジネス商談会場に戻ります。

| けんおじ | けんおじの青島ジャスミンの旅? | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
けんおじの青島ジャスミンの旅? 6
JUGEMテーマ:旅行

 けんおじの青島ジャスミンの旅? 6

ミッション2日目の朝です。先ずはホテル内のレストランでバイキング朝食をいただきます。野菜たっぷり+ピータン+お粥+包子+・・・と、50過ぎの親父にしては、よくぱくつきます。シメは牛乳とヨーグルトをいただきます。
朝食バイキング

食後みんなでバスに乗り、市内の「青島環境観測センター」で環境分析行政について説明をいただき、測定装置を見せてもらいます。青島市では黄海の海上汚染の保全を計画中のようです。さらに次の視察先の環境分析機器製造メーカーでは、分析機器の製造工程を見せてもらいます。道中では青島市内の地下鉄工事が進んでいました。
地下鉄ティーティエ

突然ですが、ここで恒例の「けんおじのトイレ写真」です。
分析機器メーカーのトイレです。中国にしては、清潔に保たれています。
一般に中国のトイレは、汚く男性であってもあまり使用したくないようなトイレが多くあります。
昨年日本では、「トイレの神様の歌」が流行りましたが、この様な綺麗なトイレに関する歌ができるのは世界中で日本位だと思います。一部のホテルには、ウォシュレット付きのトイレがありますが、なかなかウォシュレット付きは少なく、帰国して福岡空港や自宅のTOTOウォシュレットでお尻を洗うのは至福の時間です。

中国便所

ついでに言うと、中国の紙幣もぐちゃぐちゃと汚く、すり切れて、「ざまない」です。
中国男性(一部女性も)は、専用の財布を持たずグジャグジャになったお札を、ホイと出して使用します。紙幣を渡された相手は、しわを伸ばしてひろげ、ジーと見つめて偽札でないことを確認しています。



兼定興産のホームページ http://urban-green.jp/ も覗いて下さい。「屋上緑化土かるいちばん、屋上緑化」が満載です。

かねさだ商事のホームページもアップしてます。
http://www.fukunet.or.jp/member/kanesada// も覗いて下さい。

| けんおじ | けんおじの青島ジャスミンの旅? | 21:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |