三枚おろし その成果! えっへん!

JUGEMテーマ:グルメ

れんこ鯛の三枚おろしの続編です。

三枚におろして、刺身で美味しくいただいたのですが、半身と頭の部分を冷蔵していました。

思案したあげく、「塩焼き」と「酒蒸し」に挑戦です。

塩焼きは、保存のために塩をまぶしていたので簡単!焼くだけで、上手くできました。若干塩が強かったのが難点です。

酒蒸しは、会社の事務職員のアドバイスとクックパットをググって自己流です。

酒、こんぶ、水を加えてラップして6分間待ちます。その間にネギを用意してさらにごま油を沸騰させます。

出来た酒蒸しにネギを乗せて、その上からごま油を掛けます。

ん!我ながら良かでき!

ビールを飲んで美味しくいただきました。

 

れんこ鯛塩焼きれんこ鯛酒蒸し

 

有馬冷子:兼定興産は福岡県工場試験所や福岡県総合農試(資源活用センター)との共同で難燃材用の難燃剤(不燃材・防燃剤)「有馬冷子」を開発しました。

兼定興産のHP:http://urban-green.jp もご覧ください。

| けんおじ | ごもくぞの記 | 15:46 | comments(0) | - | - | - |
三枚おろしに初挑戦!

JUGEMテーマ:グルメ

 

昨日仕事が終わり高良川の土手をウォーキング&スロージョギングしていると、仕事関係の仲間のおじさんから電話があります。
「けんおじ、何しよっと?大ぶりなれんこ鯛を釣って持ってきた。クーラーボックスに入れて玄関に置いていく。」とのこと。
私、ハーハー言いながら、「ありがとう。」
おじさん、「けんおじは魚をさばいたことある?。」
私、「さばいたことは無いけど、頑張ってさばいていただきます。」
で、初挑戦です。
うろこを取って、内臓を取って、三枚に下ろして、頭と骨を取って下準備完了です。
おじさん曰く、「刺身、塩焼きが旨いバイ。」
早速刺身でいただいて残りは冷蔵保存しました。
多分今晩は、塩焼きと酒蒸し又はお吸物でいただく予定です。
魚のさばき初挑戦で大満足でした。
持つべきは釣り人です。

 

れんこ鯛

 

有馬冷子:兼定興産は福岡県工場試験所や福岡県総合農試(資源活用センター)との共同で難燃材用の難燃剤(不燃材・防燃剤)「有馬冷子」を開発しました。

兼定興産のHP:http://urban-green.jp もご覧ください。

| けんおじ | ごもくぞの記 | 10:50 | comments(0) | - | - | - |
やっと通常業務にもどれます。 ルンルン ♪♪♪

JUGEMテーマ:健康

 

昨日役所の現場に挨拶に行きました。
役所も来月からの通常業務に向けて準備中です。「やっと通常業務に戻れる。」といわれて若干の安堵の様子が見られます。
本当にやっと通常生活に近づきました。


何が何だか分かりませんが、日本は幸いにして上手く終息しつつあります。
どうして上手くいったの?
次の言葉が、どこかのまとめサイトに書いてありました。

 

日本政府「政府のおかげ」
日本国民「国民のおかげ」
WHO「WHOと中国のおかげ」

 

う〜ん!それぞれ一理ある。妙に納得です。

 

テドロスさん

 

有馬冷子:兼定興産は福岡県工場試験所や福岡県総合農試(資源活用センター)との共同で難燃材用の難燃剤(不燃材・防燃剤)「有馬冷子」を開発しました。

兼定興産のHP:http://urban-green.jp もご覧ください。

| けんおじ | ごもくぞの記 | 10:03 | comments(0) | - | - | - |
タイの王様、日本の皇室。

JUGEMテーマ:経済全般

 

デイリー新潮https://www.dailyshincho.jp/article/2020/05270559/に下記のことが書かれていました。(一部抜粋)

「コロナ禍で愛人と“おこもり”したタイ国王 国民は前代未聞の王室批判を展開」と掲載されていました。

 

記事を全て信じると、タイの王様が「国王は、側近数百人を引き連れ、アルプスを一望できる有名リゾート地・バイエルン州のガルミッシュ・パルテンキルヒェンにある高級ホテル「グランド・ホテル・ゾンネンビッヒル」を貸し切り、“コロナおこもり”ともいえる自主隔離生活を送っていた。」と書いてあります。うち20人は愛人だとか?

(転用終わり)

 

先代タイ国王は、国民に愛されて慕われたいました。タクシン派、反タクシン派との政争では、その仲介を取りながらタイをまとめてきました。ただ現在の国王はかなり様子が違うようです。そこであれだげ国王に対して恵愛していたタイ国民も、怒りプンプンで「今度の王様は、酷い王様だ。」と言われるようになってきているようです。ただでさえ、資本主義と中国との狭間で苦悩しているタイです。今後が心配です。

 

日本では、今のところ多くの日本人が天皇陛下を敬い、また陛下も慎ましやかに生活され、国民を見守っておられます。でもでも、ちょっと待て!「次の天皇候補やその次の天皇候補は、大丈夫?」

ちょっとしたこと(例えば、高価な新住居や無理筋の海外公務、本人や婦人の立ち振る舞いが問題があるとすれば、)で日本でも、皇室に対する畏敬や親しみが、ある日突然一変することもあると思います。

大変心苦しく不敬ではありますが、自身を律していただき、国民に親しまれる皇族を継続していただきたいと思います。

令和

 

 

| けんおじ | ごもくぞの記 | 07:48 | comments(0) | - | - | - |
西端真矢さんのブログ

JUGEMテーマ:経済全般

 

久しぶりに西端真矢さんのブログを読みました。

一つ一つのブログは少し長いのですが、いつも考えさせられます。

2020/5/25のブログタイトルは、「マスクと人情、そして国家」です。

毎度のことですが、彼女の国家観や人に対する愛情が良く表れています。アドレスは次のとおりです。

私のブログの右下に西端さんへのリンクがありますのでそこをクリックしても行けます。

http://www.maya-fwe.com/Blog.html

以下、一部引用です。

ようやく首都圏の緊急事態宣言も解除されようとする今、この、誰も経験したことのなかった混乱と緊張の日々をともにして来たマスクを、一堂に並べてみている。
実は、この写真に写っているマスクは、すべて、友人から頂いたものだ。
3月上旬、全国でコロナウイルスの市中感染が加速化していた頃、ブログを書いた。我が家には、肺と脳に重度基礎疾患を持つ母がいて、感染させたらほぼ確実に死を免れない。だから、このコロナウイルス禍の中、私は最も厳しい条件を生きることになってしまった。

・・・

更に一部引用です。

そして、ひるがえって、この国の政府のことを考える。
実は、一箱頂いた不織布マスク60枚の半分は、訪問介護ステーションに寄付することになった。このコロナ禍でも、いつもと変わらず母の定期診療に来てくれていた訪問介護ステーションの看護師さんに、或る日、マスクの調達はどうしていますか?と訊ねると、もうストックを使い果たして、国からの支給もまったくないとため息まじりに話してくれた内容に驚愕した。
「毎朝、私も含め、看護師、リハビリ療法士、事務職員、交代で薬局に並び、今日は3袋買えた!とか喜び合ってるんです」

・・・

更に更に引用です。

私は、布マスクの配布自体は、100パーセント悪いアイディアだったとは思わない。
たとえば、今、無印良品が販売しているようなシンプルビューティーなマスク、或いは小池都知事のマスクのような、ちょっとしゃれた布を使ったマスクだったら、多くの国民が積極的に使ってみたいと思ったのではないだろうか。
日本は、昨日戦争に負けて、瓦礫と闇市の中から立ち上がろうとしているド貧乏な1945年の日本ではない。或いは、政府支給の物品を黙々と受け取る往年の共産主義国でもない。高度成長とバブル経済を経て、世界でも相当レベルのファッション大国、デザイン大国として、今、2020年のこの日本は存在している。その国民に、半世紀以上時間をさかのぼったような超絶古くさいデザインの、しかも何故か現在の平均的マスクサイズからは異様に小ぶりのマスクを送りつける。「ださ過ぎてつけたくない」「何かの悪い冗談?」「こんなものをつけたら笑い者になる」と国民が思うのは当然だ。(ちなみに私は家の中で母と接する時にだけ使っている。とても外につけて出て行く勇気はない)
       * 
一体どうしてこれほどのずれまくった顛末になったのか?

・・・

 

以上、引用しました。

とにかく西端さんのブログを一度読んでください。私たちが思っている心のわだかまりを溶かしてくれます。

 

| けんおじ | ごもくぞの記 | 15:52 | comments(0) | - | - | - |
マリアさんで定期診断?  ♪

JUGEMテーマ:健康

 

けんおじ、以前美味しいものをたくさん食べていたときに痛風になりました。

ある日曜日に急に右足がむくみイタイイタイでした。

で、取りあえずマリアさんに駆け込んで治療をして貰いその後は、当時掛かり付けにしていた医院で継続治療をしましたが、「フ〜ン、こんな治療・投薬しかしていないのか?」と自信たっぷりにふんぞり返って話されます。でもでも、なかなか良くなりません。とうとうマリアさんに紹介状を書いて貰い再度行くようになりました。

結果、良い方向に安定して今日に至ります。

三ヶ月毎の血液検査と先生の診断で、バッチリ健康を維持しています。・・・いわば三ヶ月毎の健康診断を受けているような感じです。

新コロナの影響で、マリアも出入口が制限され、入口で体温測定の後に病院内に入りました。1時間半くらいで血液検査と先生の診断、薬をいただき、児湯も良い結果だったと喜んで帰りました。

| けんおじ | ごもくぞの記 | 15:20 | comments(0) | - | - | - |
令和の神風! うそ・ほんと?

JUGEMテーマ:健康

 

ウェブを見ていると、何だかわからないが、「どうも日本は上手く武漢肺炎・新コロナ肺炎を乗り切りつつある。」とのなんだかジメ〜と悔しそうなコメントがフォーリン・ポリシー誌などで出てき始めました。

 

注:

米外交誌フォーリン・ポリシー(電子版)は14日、東京発の論評記事で、日本の新型コロナウイルス感染対策はことごとく見当違いに見えるが、結果的には世界で最も死亡率を低く抑えた国の一つであり「(対応は)奇妙にもうまくいっているようだ」と伝えた。
同誌は、日本は中国からの観光客が多く、ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)の確保も中途半端と指摘。感染防止に有効とされるウイルス検査率も国際社会と比べ低いが「死者数が奇跡的に少ない」と評した。さらに「結果は敬服すべきもの」とする一方、「単に幸運だったのか、政策が良かったのかは分からない」と述べた。

注:

日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議(ニューズウィーク)
日本の新型コロナウイルス対策は、何から何まで間違っているように思える。これまでにウイルス検査を受けた人は人口のわずか0.185%で、ソーシャル・ディスタンシング(社会的距離の確保)の導入も要請ベースと中途半端。国民の過半数が、政府の対応に批判的だ。それでも日本は、感染者の死亡率が世界で最も低い部類に入り、医療システムの崩壊も免れ、感染者数も減りつつある。全てがいい方向に向かっているように見えるのだ。

別情報(注:池田信夫 blog)では、抗体保有者は非常に少ないようなので、今後も再発の可能性がありますが、病院の抗体検査では6%という結果もあったが、今回はランダムサンプルで桁外れに低い。抗体検査キットの信頼性には問題があるようだが、それほど大きく外れることはないだろう。だとするといえることは、少なくとも次の3点である。
日本人はほとんどコロナの抗体(獲得免疫)をもっていない
したがって近い将来に集団免疫が成立する見通しはない
にもかかわらず再生産数は1を下回った
以上のように書いてあります。


そうだよね〜。「今から2週間後は今のニューヨークのように酷くなる。」などと海外では言っていました。
ところが、彼ら言わせるとやはり何だか分からない。いわゆる「神風」が吹いたようです。
もちろん私も今度ばかりは本当に神風が吹いたとうに思います。

子供の頃に習った歴史では、元寇の時は鎌倉武士は元と朝鮮軍にやられっぱなしで、最後に上皇様たちのお祈りが通じて台風が来て、元朝鮮が自滅したと習いました。
でも最近の歴史観では、鎌倉武士の戦闘能力がかなり優れており、元が得意とする平原での戦闘ではなく、博多湾を中心とした戦闘で、元・朝鮮軍は勝手が違い引き下がったところに神風が来たようです。日本鎌倉武士軍の完全勝利です。

今度の武漢コロナウイルスでは、初期のクラスター潰しはべつとして、どうも日本政府の動きはぎこちなく、後手後手感があります。
最後の頼みが、竹光・竹槍での国民だよりの非常事態宣言でした。
たぶん海外の人は、「そんなことで上手くいくはずがない。」と思っていたようです。私も上手くいくか半信半疑でした。ところがどっこい、神風が吹きました。緊急宣言以降日本全国感染者が激減しました。
BCGが原因かどうかわかりませんが、ほっとして気が無抜けてしまいました。
ただ油断大敵、これからは武漢肺炎・新コロナ肺炎に年中注意して行く必要がありそうです。

神風

 

有馬冷子:兼定興産は福岡県工場試験所や福岡県総合農試(資源活用センター)との共同で難燃材用の難燃剤(不燃材・防燃剤)「有馬冷子」を開発しました。

兼定興産のHP:http://urban-green.jp もご覧ください。

 

| けんおじ | ごもくぞの記 | 14:05 | comments(0) | - | - | - |
お天道さまが見ているよ。

JUGEMテーマ:経済全般

政府の緊急事態宣言が出てかなりに日数が過ぎました。本来であれば5月6日(水)でめでたく終了、武漢肺炎・新コロナ肺炎の終息のめどがついた。と言いたいところですが、場合によっては今月いっぱい延長されるようです。

でも緊急事態に対処するまともな憲法や法律がない日本で、政府の「お願いだから、自粛して不要不急の外出はしないでね!」の一言でみんなが協力努力しています。以前言ったように、「竹光・竹やり」で武漢肺炎・新コロナ肺炎に立ち向かっています。

多分よその国が日本同様に、政府のお願いだけで対処したら、かなり酷い結果になっていたと思います。

政府の対処能力の程度は別として、本当に日本人は律儀に状況を付託して頑張っていると思います。

私が幼稚園くらいのころ、ちょっとしたイタズラをしたとき。祖母から、「ちゃ〜んと、お天道さまが見ているから悪いことはしたらいかんバイ♪♪♪。」と言われました。私は、「ふ〜ん。分かった。」と言いますが、最近になって少し分かるようになりました。

私たちは、正月にご来光を拝み有り難がります。最近の私は朝起きて東側の太陽が上がる方向に手を合わせて、頭を下げるようになりました。

神道では、自然(太陽、月、雨風、地震、・・・)に対して畏敬の念を持って接します。普段は、宗教(神道)に気をかけていなくとも心の奥では、自然を畏敬していると思います。このような状態が、「お天道さまが見てあるので、悪いことは出来ない。」と考え行動するのだと思います。

このように考えると、神道は宗教を超越しており、日本人は「神道の心構えを基礎としてその下に仏教やキリスト教を信心している。」ように感じます。

お天道さまが見ている!

 

有馬冷子:兼定興産は福岡県工場試験所や福岡県総合農試(資源活用センター)との共同で難燃材用の難燃剤(不燃材・防燃剤)「有馬冷子」を開発しました。

兼定興産のHP:http://urban-green.jp もご覧ください。

| けんおじ | ごもくぞの記 | 15:17 | comments(0) | - | - | - |
WHO 保証せよ!  ぷんぷん!

JUGEMテーマ:ビジネス

 

緊急事態 取りあえず5月6日迄の辛抱?ですが、多分延長なのかな〜?

アメリカや欧州諸国では、今回の武漢肺炎・新コロナ肺炎の蔓延について中国の情報秘匿が原因で多大な損害を受けた。もしも中国がきちんとした情報開示をしていたら、こんなに悲惨な患者数・死亡数にならなかった。更に経済損失は、めちゃ大きくなってしまった。更に更に、今回のウィルスの出所は、「食品市場のこうもり」ではなく、食品市場近くにある(あった?)ウィルス研究所である。と言い始めました。(多分、いろんな証拠を握ったのかな?)

で、中国政府は情報秘匿により我々に莫大な被害をもたらしたので、我々に保証せよ!と言い始めました。

 

うんうん!言いたいことはよくわかる。

それも良いけどWHO本体とテドロス同志を訴えることは出来ないのでしょうか?

日本人は、「国連=正義の味方」と考えがちですが、この考えは間違っているようです。

 

おまけ:

「日本人の罹患率が小さいのはBCGを接種していつからではない。」とWHOがアナウンスしました。

あっそー! WHOがそう言うならば、逆に間違いなくBCGの効果で罹患率が小さいです。♪♪♪

 

WHO 保証せよ!

 

有馬冷子:兼定興産は福岡県工場試験所や福岡県総合農試(資源活用センター)との共同で難燃材用の難燃剤(不燃材・防燃剤)「有馬冷子」を開発しました。

兼定興産のHP:http://urban-green.jp もご覧ください。

 

| けんおじ | ごもくぞの記 | 10:03 | comments(0) | - | - | - |
もしも武漢肺炎・新コロナ肺炎に感染したら?・・・

JUGEMテーマ:健康

 

<<建物の消毒は自己負担ですよ!>>

 

福岡県も非常事態宣言が出ました。

更に取引先からは、感染時の対応や供給体制の維持についての質問や、工場入場時の検温などいろいろと指示が出てきています。

でも、久留米はまだまだ大丈夫!と思っていました。ところが昨日はいっぺんに7名の感染が発表されました。

小さな会社を営んでいるけんおじ・イェシャは、自身が感染したときのシミュレーションをします。

会社は住居兼事務所(きちんと区別はついていますが、)なので、もしも私が感染したらどうする?

世間では、軽症者は自宅待機と言われているので、そうなると事務所を閉鎖しないといけません。

市の保健所に尋ねると、当該市では感染者は入院させるとのこと、なので消毒後に事務所使用可能で従業員さんも作業できそうです。

弊社は公共団体の焼却場や下水処理場、水道局などに欠かすことの出来ない薬品を納めています。この薬品がないと工場がストップします。市の保健所の話を聞いて(感染者は自宅待機ではなく入院)、安心しました。

 

ただ少し疑問が出てきて質問しました。「感染時の事務所の消毒費用はどのようになりますか?」

答えは、「自費でしてください。消毒費用や業者については不明で関知しません。」です。

当然自己負担ですよね。

大げさに言えば、「今は戦時!」、政府の「竹光、竹やり政策:強制力の無いお願い。」に従い、粛々と努力しようと思います。

日本の憲法法律には緊急事態にたいする不備が多いように思います。

武漢肺炎・新コロナ肺炎がおさまったら、憲法9条やその他についての改憲や法律の整備を早急に行う必要があると思います。

 

消毒

 

有馬冷子:兼定興産は福岡県工場試験所や福岡県総合農試(資源活用センター)との共同で難燃材用の難燃剤(不燃材・防燃剤)「有馬冷子」を開発しました。

兼定興産のHP:http://urban-green.jp もご覧ください。

 

| けんおじ | ごもくぞの記 | 11:28 | comments(0) | - | - | - |