セピア色の大連・旅順・金州(14)
セピア色の大連・旅順・金州(14)
ホテルに戻ると、既に仲間達は戻っており、ホテル内のビアガーデンで串焼きを頬張りながらビールを飲んでいます。明日が帰国なので、私も加わり最後の飲み会です。小雨ですが、なんだかほっとした気分になりました。
清さんの子息が日本留学中に、彼の帰省に同行して、私が初めて大連・ハルビンに行ってから10年、中国輸入を始めて7年になります。この間日本の経済は停滞し、中国の経済は驚異的な発展をしました。貿易を始めた当時は、知人達が中国貿易は騙されるから止めた方がよい。と言うアドバイスをたくさん貰いました。最後に貿易に踏み込むことが出来たのは、清さんのような中国人が居ることを知っていたからかもしれません。幸いなことに今まで騙されることはありません。
たしかに平和ボケした日本人は、日本の常識が世界の常識とかけ離れていることを理解せず、結果的に騙される人もいます。現在、中国企業や中国人はどん欲に、積極的に海外に進出しています。中国は「発展途上国」と「GDP大国」とを上手に使い分けながら、日本からの援助を受けているにもかかわらず(最近では援助も少なくなっていますが、)、逆に遠くアフリカ諸国へも経済援助を行っています。その結果、アフリカ諸国の貿易相手国第1位は中国になってきています。結果的には国連の投票では、中国シンパも増えてきていると思います。
また中国は東シナ海や南シナ海での権益の主張も段々と強く言い出しました。
この一連の中国の行動の是非は別として、中国政府は長期的な視野に立って計画行動しています。
日本では、「ぽっぽっぽ!友愛ぽっぽ!」と脳天気で安全保障に無知で愚鈍な首相や、夏休みを軽井沢で満喫して、急激な円高をジーと見守るだけの首相が続いています。この様な政府や首相が続く限り、確かな安全保障や強い日本を作ることは不可能だと思います。
なんだか、最後は政府批判になってしまいました。
今回の旅日記「セピア色の大連・旅順・金州」は、これでおしまいです。
金州南山神社
写真は昔の金州の南山神社の写真です。(中国友人から頂きました。)
| けんおじ | セピア色の大連・旅順・金州 | 03:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.urban-green.jp/trackback/1047656