C級MTB:杉谷部落 高良川源流の旅
JUGEMテーマ:スポーツ
昨日のC級MTBのご報告

午前中、ぼ〜として時間が過ぎてしまいました。
ただ、外は良い天気です。外に出て遊ばんと勿体なか!で、どこに行こうかと考えますが、時間との兼ね合いもありなかなか決まりません。結論「MTBによる高良川源流探索のたび」にしました。
私の家から高良川までは150m位しか離れておらず、子供の頃からよく遊んでいました。
12:50に出発です。東国分小学校裏、競輪場横、・・・と川の土手道を上流へ向かってホイホイとペダルを漕ぎます。高良内「竹の子」を通り、いよいよ山手に入っていきます。
途中一ノ瀬親水公園の水車で写真をパチリ!この辺にくると川幅も狭くなってきました。

一ノ瀬親水公園
更に登り、隠田百姓村の杉谷部落まできました。更にMTBを漕いでいきますが、坂が急で6km/hのヘロヘロスピードです。更に登るのはあきらめました。ただ、川の流れの音が道の下の谷で聞こえてきます。
帰りは楽ちん!30km/hで駆け下り、杉谷公民館まで下りて、ここで「戸田友次先生の教室」や「戸田友次先生の墓」と書いてあるのが見え、興味津々で墓まで行きました。(300m位の急な坂を登ります。)
戸田さんは、明治初期の久留米の僻地教育の功労者として地元杉谷で慕われているようです。
ちょっとお参りをして、墓前が少し草が多かったので、手で引き抜いて少し綺麗にして引き返しました。
合計:1時間40分、約20kmのツーリングでした。
戸田友次郎
| けんおじ | けんおじの「MTBとC級登山」 | 12:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.urban-green.jp/trackback/1048170