けんおじの成都(蜀)旅行(14)
JUGEMテーマ:旅行
 けんおじの成都(蜀)旅行(14)

お腹も一杯になり、幸せな気分です。
成都は三国志の蜀の国の中心でした。いろんな史跡があります。
劉備、関羽、張飛の桃園の「結義」にかんした場所や、劉備の墓、寺院などが多くあります。さらに詩人のに関する杜甫草堂と言う建物や、朱塗りの塀と緑のコントラストが美しい竹林の道もあります。



劉備、関羽、張飛の桃園の「結義」の寺(資料館?)です。



桃園の「結義」を再現した庭です。



劉備の墓の前にある廟です。この建物の裏手に玄徳の墳墓があります。



劉備の墓です。思っていたよりも小ぶりでした。盗掘を恐れてとか・・・?



劉備の墓の近くにある小道です。竹の緑、朱色の壁、光、・・・ととても風情があります。



諸葛孔明が三国均衡策として唱えた鬲(「かなえ」)です。
| けんおじ | けんおじの成都(蜀)旅行 2012.02 | 07:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.urban-green.jp/trackback/1048398