イェシャの「山東省緑色博覧会の旅」2012 (16)
JUGEMテーマ:旅行

イェシャの「山東省緑色博覧会の旅」2012 (16)

満腹になったイェシャ一行は、ブースに戻りお客様を待ちますが、イェシャのブースにはあまり人が来ません。そこで通訳のお姉さんとおしゃべりして時間をつぶします。
彼女は上海から来ており、腕にお数珠をしていました。
「それ、な〜に?」と尋ねると、おまじないだそうです。
今日は「中元(「鬼節」)」なので、いろんな所におばけ(幽霊?)が出ている。そこで彼女の母が、魔除けに数珠を付けさせたのだそうです。ほんまかいな〜?
しばらく彼女とおしゃべりをしていると、イェシャのブース横のいすに座って、黙々とイェシャのパネル展示を読みながらメモをとっている中国人のおっちゃんがいます。
通訳の彼女に、「何か質問があれば説明する。」と彼は途中から日本語で話し始めました。
イェシャと通訳の彼女との日本語の会話もずっと聞き耳を立てて聞いていたようです。
話してみると、以前イェシャが見学したことのある「新世界」と言う会社でした。
3.11大震災直後に、この会社の女性役員の周さんから、「イェシャ、地震や原発事故のあった日本を離れて、中国に来ませんか?いろいろとお世話してあげますよ。」と言うような感じのメールを貰っていました。
・・・
当時イェシャは、「ありがとう、でも自分は日本が好きなので、気持ちだけいただきます。」と返事していました。
なので、にこっとして(にたっとして)、貴社はよく知っていますよ、周さんによろしくと伝えます。
午後3時過ぎになると、会場に来るお客も少なくなり、5時閉会のはずが4時に突然終了のアナウンスが有り、会場内の電気が全て止められてしまいました。・・・ひどい!
 

| けんおじ | イェシャの「山東省緑色博覧会の旅」2012 | 09:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.urban-green.jp/trackback/1048533