イェシャの台湾旅行2013 (4)
JUGEMテーマ:旅行
イェシャの台湾旅行2013 (4)
八田與一

説明の冒頭に、「私たちは日本に感謝しています。」と呉さんが言って、続けます。
日清戦争後に清は、当時清にとっては役に立たず、未開発土地だった台湾を日本に渡した。
当時の台湾は、疫病(コレラ)が多く日本が貰っても役に立たない地域であった。
しかし当時の日本政府は、衛生面を管理して疫病を防ぎ、さらに小学校を建設して教育を行い、大学まで作り自分たちにも勉強させてくれた。特に台湾大学は日本の四大医学部の一つだったそうです。
更に、現在90歳前後で師範学校卒業の呉さんの両親は、今でも家では日本語で生活している。そして日本統治時代を肯定的に考えている。(一般に77歳以上は日本語OK、65歳以下は日本語NG、その中間は日本語ビミョ〜)
農業では、八田與一という日本人技術者が台湾人と一緒になって農業用ダムを建設し、このダムのおかげで立派な農業を行うことができるようになった。
このような様々なインフラ整備のおかげで、日本への台湾割譲時には役に立たない島としか認識されなかった台湾は見違えるように良くなった。
| けんおじ | イェシャの台湾旅行2013 | 06:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.urban-green.jp/trackback/1048592