イェシャの台湾旅行2013 (5)
JUGEMテーマ:旅行
イェシャの台湾旅行2013 (5)

本日は3月11日です。東日本大震災の犠牲者の方に哀悼を申し上げます。
半旗


鄭成功
呉さんの説明の言外には次のような内容を含んでいました。
「欧米の植民地政策は、単に搾取するだけであったのが、日本の場合、いったん自国という認識をすると、分け隔てなく資本を投入し、日本国内以上に整備してくれた。」

更に、平戸の武士の娘「田川マツ」と福建省出身の海商「鄭芝龍」との間に生まれた「鄭成功」が台湾での漢族の開発開祖として親しまれていることも教えていただきます。
※ちょうどこの時期(17世紀)は、明(漢族)が滅び清(満族)が成立することであったが、漢族の鄭成功は、「反清復明」を果たす目標の過程で福建から台湾へと拠点を移動しており、台湾の漢民族の「開発始祖」として社会的に極めて高い地位を占めているそうです。
これらの他にも、日本統治時代の良かったことや、日本大好きと延々と話してくれます。
| けんおじ | イェシャの台湾旅行2013 | 06:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.urban-green.jp/trackback/1048593