けんおじの忘年会日記2019 その4

今日で11月もおしまい、30日(土)です。
今日は大学からの友人が北九州から戻ってきて、二人でチョビチョビ忘年会を行います。
場所は国分町の焼き鳥「九十九」。場所柄自衛隊さんやそのご家族連れが多く、今日も満員です。
二人なのでカウンター席に座り、とりあえずビール♪♪♪
食べ物は、・・・面倒しいので、メニューの上から順に5,6本を先ず注文。
久留米の焼き鳥屋さんは、キャベツおかわり無料なので、野菜不足?のけんおじは、このときばかりとキャベツおかわりの連続です。
で、少し落ち着いたところで、世間話です。
ただ、そろそろ定年が近づき今後の身の振り方、年金の話や、友人の病気の話が多くなってきました。
そこで、パート明るく景気よく?、けんおじは今後の前向きの計画を披露します。
そう!難燃材の難燃剤?防燃材の難燃材?それって、「何ねん?」と親父ギャグの連続です。友人に、廃棄消火薬剤を加工して固形のリン酸肥料を製造し、さらにその固形肥料を原料にして難燃液の製造をして、木材加工業者やプレカットメーカーへの売り込みを図ることを闇雲に熱弁します。
さらに従来の工業薬品や、輸入についても、おおぼらの吹きまくりです。
ビールが終わり焼酎水割りを頼みチョビチョビ飲みますが、往年の飲み方と違って節度を保ち?1杯飲んでおしまいです。
帰りに「くいよいけん」のラーメンを食べて今日もしあわせです。

| けんおじ | けんおじの忘年会日記2019 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









トラックバック機能は終了しました。