お天道さまが見ているよ。

JUGEMテーマ:経済全般

政府の緊急事態宣言が出てかなりに日数が過ぎました。本来であれば5月6日(水)でめでたく終了、武漢肺炎・新コロナ肺炎の終息のめどがついた。と言いたいところですが、場合によっては今月いっぱい延長されるようです。

でも緊急事態に対処するまともな憲法や法律がない日本で、政府の「お願いだから、自粛して不要不急の外出はしないでね!」の一言でみんなが協力努力しています。以前言ったように、「竹光・竹やり」で武漢肺炎・新コロナ肺炎に立ち向かっています。

多分よその国が日本同様に、政府のお願いだけで対処したら、かなり酷い結果になっていたと思います。

政府の対処能力の程度は別として、本当に日本人は律儀に状況を付託して頑張っていると思います。

私が幼稚園くらいのころ、ちょっとしたイタズラをしたとき。祖母から、「ちゃ〜んと、お天道さまが見ているから悪いことはしたらいかんバイ♪♪♪。」と言われました。私は、「ふ〜ん。分かった。」と言いますが、最近になって少し分かるようになりました。

私たちは、正月にご来光を拝み有り難がります。最近の私は朝起きて東側の太陽が上がる方向に手を合わせて、頭を下げるようになりました。

神道では、自然(太陽、月、雨風、地震、・・・)に対して畏敬の念を持って接します。普段は、宗教(神道)に気をかけていなくとも心の奥では、自然を畏敬していると思います。このような状態が、「お天道さまが見てあるので、悪いことは出来ない。」と考え行動するのだと思います。

このように考えると、神道は宗教を超越しており、日本人は「神道の心構えを基礎としてその下に仏教やキリスト教を信心している。」ように感じます。

お天道さまが見ている!

 

有馬冷子:兼定興産は福岡県工場試験所や福岡県総合農試(資源活用センター)との共同で難燃材用の難燃剤(不燃材・防燃剤)「有馬冷子」を開発しました。

兼定興産のHP:http://urban-green.jp もご覧ください。

| けんおじ | ごもくぞの記 | 15:17 | comments(0) | - | - | - |