タイの王様、日本の皇室。

JUGEMテーマ:経済全般

 

デイリー新潮https://www.dailyshincho.jp/article/2020/05270559/に下記のことが書かれていました。(一部抜粋)

「コロナ禍で愛人と“おこもり”したタイ国王 国民は前代未聞の王室批判を展開」と掲載されていました。

 

記事を全て信じると、タイの王様が「国王は、側近数百人を引き連れ、アルプスを一望できる有名リゾート地・バイエルン州のガルミッシュ・パルテンキルヒェンにある高級ホテル「グランド・ホテル・ゾンネンビッヒル」を貸し切り、“コロナおこもり”ともいえる自主隔離生活を送っていた。」と書いてあります。うち20人は愛人だとか?

(転用終わり)

 

先代タイ国王は、国民に愛されて慕われたいました。タクシン派、反タクシン派との政争では、その仲介を取りながらタイをまとめてきました。ただ現在の国王はかなり様子が違うようです。そこであれだげ国王に対して恵愛していたタイ国民も、怒りプンプンで「今度の王様は、酷い王様だ。」と言われるようになってきているようです。ただでさえ、資本主義と中国との狭間で苦悩しているタイです。今後が心配です。

 

日本では、今のところ多くの日本人が天皇陛下を敬い、また陛下も慎ましやかに生活され、国民を見守っておられます。でもでも、ちょっと待て!「次の天皇候補やその次の天皇候補は、大丈夫?」

ちょっとしたこと(例えば、高価な新住居や無理筋の海外公務、本人や婦人の立ち振る舞いが問題があるとすれば、)で日本でも、皇室に対する畏敬や親しみが、ある日突然一変することもあると思います。

大変心苦しく不敬ではありますが、自身を律していただき、国民に親しまれる皇族を継続していただきたいと思います。

令和

 

 

| けんおじ | ごもくぞの記 | 07:48 | comments(0) | - | - | - |