山川招魂社へお参りウォーキング

JUGEMテーマ:地域/ローカル

お盆の二日目です。

毎日、どくそ厚い日が続いています。とても夕方にウォーキングする気分になりません。

なので、けんおじ・イェシャは、朝からウォーキングすることにしました。

昨日の忠霊塔、ドイツ兵俘虜慰霊碑に続き、今日は山川招魂社へお参りします。

出がけにタオルに水をしみ込ませ、このタオルを頭にのせて7時5分に家を出発します。

ルートは、競輪場−久留米大学附設高校−久留米大学商学部−自称「ヘロヘロじいさんハゼノキ」−睥瓢各口−山川招魂社 です。

 ※(ヘロヘロじいさんハゼノキは次のページで紹介します。)

招魂社まで約35分でした。

ここ招魂社は、明治維新の頃の高山彦九郎や真木和泉、その他戦役で亡くなった方をお祭りしてあります。

鳥居をくぐり、階段を上るとてっぺんにお社が鎮座。

二礼二拍手一礼をして失礼しました。

往復約1時間20分で帰宅です。

山川招魂社1

山川招魂社2

 

有馬冷子:兼定興産は福岡県工場試験所や福岡県総合農試(資源活用センター)との共同で難燃材用の難燃剤(不燃材・防燃剤)「有馬冷子」を開発しました。

兼定興産のHP:http://urban-green.jp もご覧ください。

| けんおじ | ごもくぞの記 | 12:22 | comments(0) | - | - | - |