兼定興産社史 (1)ご挨拶
久しぶりのブログのアップです。
年度末になり、なんやかやでドタバタしています。
公共事業用の土木用の石灰は3月末をめどに毎日数10トン出荷していますし、役所の入札も始まりました。
兼定興産は1月末が決算なので決算報告も最終局面に近づいてきました。
エコアクション21もそろそろ仕上げないといけません。
屋上緑化「かるいちばん」「かるベラ」も忙しくなってきました。
春肥に向けての有機酸キレートカルシウム肥料「カル元気」も注文が少しずつ増えてきています。
と言うわけで、なかなかブログのアップができません。

先日、JAくるめ(久留米市農業、久留米市農業協同組合)管内の農家の友人が遊びに来て、「兼定興産は今年創業何年目?」という話題になり、改めて考えてみると今年が創業60年(会社設立50年)になることが判明しました。(仕事の忙しさにかまけて、完全に失念していました。)

会社の成長の大小は別にして、倒産することもなく今日まできたことは少しは自慢しても良いと思います。
また、いろんな人やいろんな会社に助けられて今日まで来れたのだと思います。
私の記憶や周囲の人の話を聞きながら、創業60年を振り返ってみたいと思います。

ただ先ほども言いましたように、只今年度末のドタバタの時期なので今日は「予告編」と言うことにして、これからボチボチと書いていこうと思います。

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化」が満載です。
| けんおじ | 創業60周年 兼定興産社史  | 20:37 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |









トラックバック機能は終了しました。
河南省社旗県2
トラックの通過後、サングラスの男達が一斉にサングラスを取り顔をしかめて近づいてきた。 その時、通訳の呂さんがにこやかに中国儀で挨拶をすると、彼らは僕を取り巻き、その中の二人はデジタルスチルカメラとビデオカメラを構えていた。 最大限の歓迎でした。わざわ
| 中国茶@中国茶を飲んでみよう! | 2007/03/15 11:30 PM |