タナダからの手紙10 棚田のあかりのお知らせ
百姓仲間の愛林館からメールが届きました。
以下、転載します。

晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ

久木野にある数百枚の棚田は、日本の棚田百選の中でも日本一と少数の人が認定しています。

その棚田が最も美しいのが5月。田植えのために水を張って、水面に景色が映えます。そこに竹のたいまつを千本立て、火で飾ります。皆さんも眺めに来ませんか?

棚田業界では、この種のイベントは増えつつありますので、愛林館としては環境配慮で区別化を図ります。たいまつの燃料は、使用済みの天ぷら油を加工したバイオディーゼル。製造には多少の石油産品もも必要ですが、ほぼ自然素材です。たいまつ本体は竹で、イベント後は炭に焼いて棚田にまいて土壌改良をしたり、川に入れて水質浄化に役立てたりします。炭を燃やさずに使うことは、二酸化炭素を炭素として固定し、温暖化を防ぐことにもなります。燃料を吸い上げる芯は稲わらです。

久木野ではちょうどゲンジボタルが出始める時期でもあります。少し離れた川べりにも足を運んでみて下さい。

なお、当日は朝から準備して、翌日午前中に片づけをしますが、協力して下さるあかりボランティアも募集します。自分の手で棚田を飾り地域活性化にも参加したいという方はいらっしゃいませんか? 自分の手で風景を作り出してみませんか? あかりボランティアには愛林館のカレー、Tシャツを進呈し、イベント終了後の地元の皆さんとの打ち上げに参加できます。昨年はボランティアの皆さんに食べ物が足りず、ご迷惑をかけましたが、今年は改善しますね。

遠くから来る方は前日夜、当日夜に愛林館や周辺の公民館に雑魚寝もできます。こちらは必ず事前にご連絡下さい。

では、ご来訪、ご参加をお待ちしております。
なお、昨年の記録は
http://www7.ocn.ne.jp/~airinkan/06akari_r.html
です。

日時:5月19日(土) 
    午後6時ごろ点火、9時頃まで燃える予定
場所:寒川棚田
参加費:無料

ご注意:
★棚田は公園ではなくて私有地で生産施設です。
 田植え直前の大切な時期ですから、泥を塗ったあぜには絶対に入らない
 で下さい。
★農業資材が置いてあっても動かさないで下さい。素人が動かすと元には
 戻らないのです。
★田にはヘビがいます。 長靴を履いていない方は、舗装道路から外には
 出ないで下さい。
★当日は寒川まで車で入れません。現場まで送迎しますので、久木野小中
 グラウンドに駐車して下さい。

お問合せ・お申込:
867-0281 熊本県水俣市久木野 1071 愛林館
TEL&FAX 0966−69−0485 (土日祝はレストランも営業中)


兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化」が満載です。
| けんおじ | ビバ! 百姓 と 屋上緑化 | 18:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









トラックバック機能は終了しました。