照と賢の普段着スペイン旅行 8−10
〜インプリンタ
ホテルへ戻り買出し品の数々で腹を肥やす。ビール、ワインは当たりだがあんなに美味しそうに見え行列して買ったパエリヤは不味くは無いがはずれ。半分程食べ妻の指示のもと再び出かける。近くの両替商で1万円=55,89eつまり1e=178円「持ってけ泥棒」の気分で両替し地下鉄に乗りグラシァ通りで降りる。インテリアショップ「ビンソン」を見つけ入る。ここは妻の好きなデザイナー<マリスカル>のグッズが置いてある店。1時間ほど見るもやはり帯たすきで何も買わず出て、12年前に訪れた雑貨屋<インプリンタ>のあるパリ通りを目指し歩く(この店も昔、妻のアンテナに引っかかり行った)。ほぼこの辺りと思える所でビルの通用口の明かりを頼りに地図を広げると仕事を終えたセニョリータが二人出て来る。「ブー コネッセ ルー ド パリ?」(パリ通りを知っていますか?)とフランス語で私が尋ねる。「ブー パルレ フランセ?」(貴方はフランス語が話せるのか?)と答えたセニョリータは「真っ直ぐ行って2つ目の角を左に行け」と教えてくれる。指示通り行くも<インプリンタ>は見当たらず。暮れなずむパリ通りにあるバル達のセルベッサの誘いを無視して歩き探す。犬と散歩中の小柄で黒っぽい服のちょっと魅力的なセニョーラに出会い二人で英語でインプリンタと経営者のおじさんの事を尋ねると「あの店はおじさんが一人でやっていたけど残念な事に数年前に止めたわ」と店のあった場所を指差しながら教えてくれる。気落ちした二人は地下鉄に乗りホテルへ帰り長い一日が終了する。

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化」が満載です。
| けんおじ | 照と賢の普段着スペイン旅行 | 17:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









トラックバック機能は終了しました。