兼定興産社史(20) パウダー生石灰の発明 3.
当社社長は、日本石灰工業所へ旭化成との話を伝え、パウダー生石灰を製造するように求めます。当時の日本石灰の営業担当の課・係長は喜んでパウダー生石灰の製産を快諾しました。
しかし、当時の日本石灰は、美祢工場に最新鋭のドイツ式焼成炉「ベッケンバッハ炉」を10本を増設し、さらに関東に進出すべく、千葉にベッケン炉を建設する前後のことでした。資金がどれだけでも必要なときです。社内稟議が通らずになかなか実行しようとしません。当社社長はいらいらしながら、早く実行するように言いますが全然進みません。
旭化成へは進捗状況を伝えないといけませんが、口ごもった感じの話しかできません。
旭化成としては仕方ないので、大分地区の石灰メーカーへも協力依頼をすることになります。
大分地区の石灰メーカーが動き出したことで、やっと日本石灰も重い腰を上げることになります。当社社長は、「のろのろするから大分地区のメーカーに出し抜かれるじゃないか!」と言うと、担当係長は、「秀吉のように一夜城を作って巻き返します。」と言います。取りあえずお客様へ製造スケジュールを伝えて、弊社のパウダー生石灰を納入していただくことを了承していただきました。
そうこうする内に、大分地区のパウダー生石灰は生産が始まりましたが、兼定グループはまだプラント設置の途中段階です。日本石灰としてはメンツ丸つぶれです。日本石灰はプラントが未完成にもかかわらず、パウダー生石灰の生産開始をアナウンスします。
まだ未完成なのにお客様に工場案内をして、パウダー生石灰は他社のサンプルを自社製としてお見せすることになったと聞きます。
その後、程なくパウダー生石灰のプラントは完成し、兼定興産のパウダー生石灰は、日本石灰へのOEMと言う形で実現することになりました。
ただ、大分地区の石灰メーカーに先を越されたことにより、当初計画の半分の販売量になってしまいました。
ベッケンバッハ生石灰焼成炉

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化」が満載です。

かねさだ商事のホームページもアップしてます。
http://www.fukunet.or.jp/member/kanesada/
も覗いて下さい。
| けんおじ | 創業60周年 兼定興産社史  | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.urban-green.jp/trackback/728661