兼定興産社史 (46)運送事業への進出
平成になると、いろんな分野で「規制緩和」が叫ばれるようになります。
運送事業についても同様で、新規事業者の参入が緩和されました。(それまでは新規事業者の申請をすると、既存の運送事業者からの意見を運輸省が聞きながら認可するかしないかを決めていました。)
弊社は平成5年(1993年)4月に認可を受けて、運送業へ進出します。もともと石灰や肥料の卸業は利益が小さいので、卸売業と言うよりも運送事業のようなものでしたので、比較的容易に運送事業へと参入することが出来ました。
ただ顧客のめどは立っておらず、当初は自社荷のみでした。
当時の兼定興産の荷動きは、肥料が中心なので、春秋が忙しく夏冬はあまり仕事がありません。そこで、冬の酒や夏のジュース、ビールの配送について調査し、「富の寿」の酒や、福輸のお世話で「コカコーラ」の配送をさせていただきました。
更に後日旭化成のローリー運送の仕事を頂くことができました。この時は、旭化成の物流担当の黒田様からトラック運賃の原価計算算出方法を教えていただきました。この計算手法はPCのエクセルに置き換えて現在も使用しています。

運送事業の認可



兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化土、屋上緑化」が満載です。

かねさだ商事のホームページもアップしてます。
http://www.fukunet.or.jp/member/kanesada/
も覗いて下さい。

| けんおじ | 創業60周年 兼定興産社史  | 21:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.urban-green.jp/trackback/856482