兼定興産社史 (52)新たな仕事を求めて
2000年から2002年にかけて、弊社は急激な売上減に見舞われます。
既述しましたように、旭化成延岡の苛性ソーダへの原料転換、下水道の高分子凝集剤へのプラントの転換、さらに久留米市農業協同組合(JAくるめ、久留米市農協)からの排斥と立て続けに起こりました。この間に約1億円の売上減になります。
JAくるめからの排斥は別として、旭化成延岡や下水道が生石灰を使用しなくなることは数年前から承知していました。
当然数年前から新たな仕事の種を求めていましたが直ぐには結果が出ません。
2002年から数年間は経費を切りつめ、国のワークシェアリング補助金を戴く等して試行錯誤を重ねます。
| けんおじ | 創業60周年 兼定興産社史  | 17:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.urban-green.jp/trackback/863677