イェシャの丹東、空事鎮旅行 7
イェシャも真似をして食べますが、神経部分が解りません。結局全部食べていまいました。
何でも、一匹20〜30元位する高級食材だそうです。
一匹目を食べると、まあまあ食べられます。取りあえず高級料理なので二匹食べましたが、それ以上食べる気にはなりません。他の料理を中心に食べていると、砂さんが気を利かせてイェシャのお皿に次々とカエルを置いてくれます。しょうがないので結局五匹いただきました。石さん:人先指を上下に動かして「ビンビン!!!」と言います。
食後外に出て店の横の小川を見ると凍っています。「やっぱ、中国東北地方は寒かバイ!」と妙に納得です。
凍った小川

食事が終えて、空事鎮のホテルに戻り、休息休息(シュウシシュウシ:中国では同じ言葉を重ねて言うことがよくあります。「ちょっと〜」という意味です。ちょっと一休み)
暫くして、岩さん、石さん、イェシャで小ミーティングをして周辺を散歩することにしました。夜の9時で、田舎町なので店はあまり開いていません。3人とも遅い昼食だったのであまりお腹が空いていません。外は0゚C近くになっていました。小一時間歩いて、ビールくらいは飲もうと言うことになり、道端で羊の串焼きをしている店に入ります。
石さんが、お店の人にイェシャは何人か?とクイズを出します。
「日本人、朝鮮人、モンゴル人。さあ、ど〜れ?」
お店の人は、「イアロッスー」と言うので、大笑いです。イアロッスーとは、ロシア人のことです。
羊の串焼き

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化土、屋上緑化」が満載です。

かねさだ商事のホームページもアップしてます。
http://www.fukunet.or.jp/member/kanesada/
も覗いて下さい。
| けんおじ | イェシャの丹東、空事鎮旅行 | 12:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.urban-green.jp/trackback/905721