「かるいちばん」のエコテク展示 最終日

いよいよ「かるいちばん」のエコテク展示の最終日です。隣で展示しているおじさんとも仲良しになりました。
このような展示会は他社のいろんな技術を見ることができるので私はワクワクします。今日は自社の屋上緑化土かるいちばんの宣伝だけでなく、よその展示ブースを見て回ることにします。
写真はアンケートに答えてゲットした帽子です。カッコイイでしょう。



兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化」が満載です。
| けんおじ | - | 13:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
大根の種蒔き

昨日で屋上緑化土かるいちばんの展示が終わりました。今日は兼定興産のブースに来てもらったお客さんへお礼状を書くためのデータベース作りをします。
それに私は仲間と百姓をしているので昼からは大根の種蒔きをしました。
夜は夜で飲み会を兼ねた勉強会です。今日も大忙しになりました。



兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化」が満載です。
| けんおじ | ビバ! 百姓 と 屋上緑化 | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
けんおじの「誰でちゃピカソ」
自画像青木繁
・・・と、言うわけで、これからしばらくお付き合い下さい。
 ちなみに、ピンクのTシャツが私の約10年前の「自画像」で、モノトーンぽいのが青木繁の芸大の卒業制作の「自画像」です。
青木の自画像は、久留米の石橋美術館にありますが、朱で輪郭を描き上から見下ろす視線は、その高慢さと「自分が天才である。」というパワーを感じます。
 私の自画像は、絵を始めて約2年後ころに描いたのですが 、青木の自画像を観たときの強烈な印象を模倣したいと思い、描きました。
 普通、画家は生涯に数枚の自画像を描くそうです。どの様な時期に描くかというと、私みたいに初期の頃にも描きますが、己の絵の方向性に対して悩んだり、考え方が変わろうとするときに描いています。
 絵を描くということは、特別難しいことではありません。絵も彫刻も同じですが、現在は昔とちがい、その人の個性が作品に求められます。上手くそっくりに制作することは必要ありません。上手くそっくりなものは、写真やパソコン処理に任せれば出来ます。
 例えば、バーンズ・コレクションにある「ルソーのジャングルの絵」は、技巧的にはものすごく下手ですが、彼のひたむきさが現れている名画です。
 芸大・美大卒の画家の卵達は、技術や技巧は非常に優れていますが、卒業後「自分の個性」を探求するまでにかなり苦労しているようです。逆に、個性を持っている人達は、結構スムーズに活動を続けています。
 皆さんも、暇なときは美術館へ行ったり、絵を描いたら結構良い時間つぶしになりますよ。・・・それから、明善高校の時美術部だった、Y君やK君はどうしているのかな?

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化」が満載です。
| けんおじ | 誰でちゃピカソ | 03:56 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
花どんたく会場の兼定興産ブース

今朝は花どんたく会場へ10時に行きました。先日伺ったお客さん達が遠路バスで見学に来て頂くからです。
久しぶりにかるいちばんシステムの曲面緑化を手入れを兼ねて会場迄来ましたが全然問題なく立派に育ってます。今から寒くなるので、有機酸カルシウム肥料「カル元気」を葉面散布して寒さに備えました。
カル元気散布中も多くの方が珍しそうに見てくれます。私はうれしくなって一生懸命にかるいちばんシステムを説明しました。
お客さんは僅か1〜2cmで曲面緑化をする兼定興産のかるいちばん緑化システムにびっくりされます。



兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化」が満載です。
| けんおじ | - | 12:41 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
農家が忙しいと兼定興産も忙しい

かるいちばんの展示会も終わり今日から通常の仕事です。
兼定興産の主な仕事の一つは、肥料の生産販売です。今は稲の収穫の時期で、収穫が終わると麦の作付けの準備のために肥料を散布します。兼定興産にジャンジャン注文電話がかかってきます。
昼ご飯も2時過ぎにやっと食べれました。
夜は夜で勉強会です。
あ〜お腹が空いた・・・



兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化」が満載です。
| けんおじ | ビバ! 百姓 と 屋上緑化 | 19:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
けんおじの「誰でちゃピカソ」 模写について
モリスの協会

モジリアニ

首の長い女性の作品は、モジリアニの模写です。
彼の作品はご承知のように、首の長い人物の作品が多く残っています。
これは、図録にあった写真を網の目状に分割し、同じ比率でキャンバスにデッサンして、出来るだけ似るように、筆のタッチや色使いを真似しました。
一方、荻原高徳の「モランの教会」の模写は、写真を観て、直感的に写し取りました。
一般に模写の方法は、以上の2つの方法のようです。
荻原高徳は、佐伯祐三(フランスの下町を描いた有名な画家ですが、)と共にフランスに滞在し、秀作を残しています。「モランの教会」は、佐伯を始め多くの画家が描いています。
モジリアニは、結構ハチャメチャな人生をおくり、若くして亡くなっています。
噂では、麻薬を常用していたとのことです。
また、彼の若妻が、彼の死を追って自殺したのは、有名な話です。 有名な画家は、青木繁のように「ハチャメチャ人生⇒短命」か、坂本繁二郎のように「じっくり枯れるまで人生」のどちらかに属するようです。
そこで、私も絵を描くときは、その絵の種類によっては、ビールやワインを飲みながら気分を高揚しながら描くこともあります。
・・・ただ単に、お酒を飲みたいだけのことかもしれませんが、・・・


兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化」が満載です。
| けんおじ | 誰でちゃピカソ | 12:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
けんおじの「誰でちゃピカソ」  デッサンについて
けんおじのデッサン安井のデッサン
美大、芸大への入試には必ず「デッサン試験」があるようです。
とりあえず、デッサンは絵画の基本と言うことになっています。
私も当初5,6枚石膏デッサンをしました。載せているのは、
その内の1枚と「安井曽太郎」のデッサンです。
どちらが私のデッサンであるかは、一目瞭然です。
安井曽太郎は、戦後直ぐに東京芸大の教授となり、
「デッサンの神様」と言われた人です。
現在「安井賞」と言う日本でもっとも権威のある絵画の賞がありますが、
これは彼を記念してできたものです。
その年の各地の展覧会で優勝した絵を中心に候補に挙がります。
デッサンの方法は、細い棒で対象物の中心を求め、
更に長さや方向を紙に写していきます。
それと、陰の濃さの濃淡を比較しながら、鉛筆や木炭で塗っていく
単純作業です。
考えようによっては、「土木測量」と全く同じで、感情の入り込む
隙間はありません。
やり方さえわかれば、ほとんどの人が出来ると思います。
明治初期の国費留学で、美術が選ばれた理由の一つに「土木測量」
としての考えがあったようです。
と言うわけで、デッサンについては、お酒を飲みながら描くことは
出来ず、禅を組んだり書道をするような無の領域での仕事になります。
私にとって役に立ったことと言えば、「どちらの部分が、
より強い陰があるか。(光の影響を立体がどの様に受けているか。)」
を意識するようにはなりました。
一部の画家や美術の先生も「デッサンは必要としない。」
と主張しています。
私も、デッサンが下手でも絵は描けると考えています。
・・・デッサンは、なによりもビールを飲みながら描けないのが辛い、
トホホです。
http://izumipj.com/rakuten/noge/noge_index.php
に連載を載せています。


兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化」が満載です。
| けんおじ | 誰でちゃピカソ | 23:27 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
マンション・ベランダで屋上緑化
兼定アーバングリーンアイランド2
兼定アーバングリーンアイランド1
本日は、マンション管理業者の方が花博の兼定興産の屋上緑化作品
「アーバン・グリーン・アイランド」(「かるいちばん工法による
曲面緑化」)を見学にこられました。
曲面緑化は別としても、ベランダ緑化を考えられているようです。
屋上緑化土「かるいちばん」の透水性・保水性・軽量性・簡便性
etc.......と、親切丁寧に説明しました。
隣の屋上緑化ブースでは、業者の方が工事関係者を呼んで説明会を
開いていました。これらの工事関係者の方も特殊緑化の最高賞受賞
の兼定興産の展示を見て、
「おぉ〜、スゴイ!画期的な曲面緑化工法だ。」
と言ってくれる人もいます。私は嬉しくなりました。

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化」が満載です。
| けんおじ | - | 20:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
屋上緑化工事のための下見
かるいちばん施工建物
かるいちばん施工屋上
先日のエコテクでの兼定興産ブースに来られたお客様から電話があり、屋上緑化をしたいと言われました。早速高速で2時間かけて現地に行きました。
現地でお客様の意見を聞き、私も意見を言って説明しました。
屋上緑化かるいちばん工法は、透水性に優れているので簡単施工が出来ることを伝えました。
後日お見積もりを提出することで了解を頂き写真を撮り、面積や水勾配、防水の有無をチェックして戻ってきました。
写真は施工予定の建物とその屋上です。

兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化」が満載です。
| けんおじ | - | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
屋上緑化土「かるいちばん」展示の準備

今日は友人招待の結婚式です。福岡迄マイクロバスで行きました。披露宴はおいしい料理が次々と出てきます。久富建設社長の「久留米にわか」も聴くことができました。
・・でも私は明日早朝から四国での屋上緑化展示のために出張です。「かるいちばん」のモデル花壇や展示パネル、プレゼン資料を準備しなければいけません。
昨年の四国での展示は台風襲来で散々だったので、今回は力がグイといります。それに香川では取引先の会社の人と飲み会することにしてます。思っただけで、よだれがでそうです。飲み会終了後のフィニッシュ・うどんを早く食べたい!



兼定興産のホームページ
http://urban-green.jp/
も覗いて下さい。 「屋上緑化」が満載です。
| けんおじ | - | 14:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |